イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

西東京

練馬区男女共同参画センターえーるにて
アンガーマネジメント講座「イライラの消しゴム」を開催
しました。
こちらは昨年度に引き続き、2回目の開催です。
DSC_0092


この日は女性への暴力をなくすイベントを1日がかりで行っており、
その一環としてのアンガーマネジメント講座でした。

女性への暴力の件については過去にもいろいろ書きましたので、
今回は省略します。
過去記事をご覧ください。
▼お前が悪いんだ
▼なぜ男は暴力を選ぶのか

講座後の質問でとても印象深いものがありました。

「私は40年前のことを今でも思い出して怒っています。
どうすればいいでしょう。」

40年前というと石油ショックとかそんな時代ですか、と
思わず私は言ってしまい、顔をしかめられてしまいましたが、
それくらい前のことです。

私「そのことは変えられますか。」
質問者「変えられません。」
私「そのことを言って相手に謝ってもらうことはできますか。」
質問者「できません。」
私「そのことを思い続けて何かいいことがありますか。」
質問者「あります。人のせいにしていれば自分が変わらなくて済むのです。」

!!!

私からも思い出し怒りに対するいくつかの方法をお伝えしましたが
これを聞いていたセンター長からのお話がとても印象的でした。
「午前中の講座でもちょうどそういう話がでてきていました。
それを聞いたカウンセラーの方は、『そういうことがあったのは事実。
それでそこにとどまるのか、自分の人生なんだからと思って
忘れていくのか。あなたの人生なんだからあなたが決めて下さい。』
とおっしゃっていました。」

本当にそうですねえ。
しみじみといい話でした。

ご感想をご紹介します。

「ちょこちょこ先生のユーモアが入る講義だったので、眠くなく学べました。」

「軽い気持ちで参加したが参加して良かったと思う。
職場、家族と一緒に受講しても良い。
自分自身の振り返りになった。」
→そうなのです。家族で参加してほしいなあと思って、
 3月は家族で参加できる講座を作りました。
 せひことらにご参加ください。

「日々の子育てで子供に対して怒ることで自分のストレスイライラを解消
しようとしていました。
~すべきと大人の目線で見ていたので子供の目線で見るように心がけたいです。」

「男が暴力的な奴が多いのは事実だが、パワハラばかりだと本当に
仕事をするのが辛くなってくる。」
→正直に書いていただきました。
 男性は感情を見せてはいけないと言われていて、唯一、許されているのが
 怒りという感情ではないかと思います。
 このことについては後日、書いていきたいと思います。

「怒りをマネジメントする方法を学べたのでやってみたいと思いました。
とてもいい消しゴムをいただいた気がします。」

練馬区の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】イライラの消しゴムを手に入れよう、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
こちらの講座も手話通訳がついていました。
民間事業者の届けれらないところに講座を届けて
いただきましてありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

受講者の方からご質問をいただきました。
どうしても合わない上司への怒り、思い出し怒りがあるために、
アンガーマネジメントを受講しました。
上司の指示してくるものは、”べき”で言えば、一番外側の、自分の”べき”とは、
全然違うようなものばかりです。
とりあえず、6秒ルールで怒りを散らし、別れ道の考えで、重要だけど変わらないもの、、と、
受け流すように、分類しました。
しかし、根本的な解決にはならず、それが、また、新たな思い出し怒りの原因になってしまいます。
話し合いも難しい相手です。このような場合はどうしたらよいのでしょうか。
他のものに対しては、アンガーマネジメントは有効に思うのですが、、、。
怒りの回数は減らないものの、思わず、気分が高ぶって怒りを、独り言で呟く、、状況からは、
少し軽くなったような気がしますし、これではいけない、、という問題意識は高まったのですが。
よろしくお願い申し上げます。


この方は、たいへん疲れていらっしゃるようで、まず、休め、
休んでいる間は問題を解決しようとするな、
ということがまず第一のアドバイスです。

例えば運動で骨を折ったとします。
まずは骨を治すのが先、
トレーニングはその後ですね。
まずは休んで疲れを癒すことが大事です。

休んだ後はどうするか、
次回に続きます。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

講座参加者からご感想をいただきました。
許可を得ましたのでご紹介します。

認知行動療法に興味があり、アンガーマネジメントはそれとは知らず受講しましたが、
今の自分に合っているように思いました。
取り組む手順が明確で、自分の認知の歪みを認識して対応するのがわかりやすかったからです。
帰宅後、学んだことを紙に書いて目につく壁に貼り、
怒りを感じたときにそれを見ながら自分を落ち着かせて怒りに対応できました。

講座を受けた翌日、たまたま自宅の車が故障し、ディーラーとやりとりする場面がありました。
そのとき私は怒りではなくディーラーに対して呆れや不満感、戸惑いを感じていたのですが、
壁に貼ったアンガーマネジメントのメモを見ながら自分の複雑な気持ちやディーラーに
伝えることを精査して、ディーラーに冷静に伝えることができました。
アンガーマネジメントは怒り以外の感情にも有効なのだなと感じました。

アンガーマネジメントで学んだことを大概の場面では思い出して怒りを直に相手に
渡すことはしませんでしたが、一度だけ怒りを爆発させた場面がありました。
その時、頭では学んだことが分かっていたのに、もう1人の自分がここは怒りを表出させたい、
と私を突き動かしたように感じました。
うまくいっていた場面とその爆発した場面との違いは何か、
そこに私がつまずいている鍵があるのではとよくよく考えたところ、大きな発見があったので、
それが収穫でした。


「うまくいっていた場面とその爆発した場面との違いは何か、
そこに私がつまずいている鍵があるのではとよくよく考えたところ、大きな発見があった」
とのことで具体的にどのようなことだったのか聞いてみたいところですね。

確かにアンガーマネジメントを学んでもまだ残る怒り、というものはあります。
それはその人に何かを伝えていると思うことがあります。
「あなたはこの職場は向いていない、早く逃げ出せ。」
「あなたはこの問題を解決する必要があるのではないか。」
「あなたはこの人間関係からは離れた方がいいのではないか。」

アンガーマネジメントを学んで実行してそれでも残ったコントロールできないこと、
それがあなたに何かを語り掛けているのです。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
もう一つ、「アンガーマネジメントは怒り以外の感情にも有効なのだなと感じました。」
とのことですが、アンガーマネジメントを学んでいなかったら
呆れや不満感、戸惑いという一次感情をを感じることはできず、
二次感情の怒りしか感じなかったのではないかと思います。
一次感情はこちらの記事をご覧ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回の記事で、「相手が怒っている場合どうするか」ということをお話ししました。
それでは怒りが暴力にまでなった場合はどうしたらいいでしょう。

逃げるしかないですね。
私が治すとか、言えばわかるというのは幻想です。
公的な施設がありますので駆け込みましょう。
こちらのページにDV相談ナビがありますから電話をしてみてください。
あなたのお住まいの近くの施設に電話を転送してくれます。
リンクが切れてしまう可能性もありますので、
電話番号も書いておきましょう。
0570-0-55210
末尾が「ここにでんわ」です。

暴力について、今日は、沼崎 一郎(2002)
『なぜ男は暴力を選ぶのか―ドメスティック・バイオレンス理解の初歩』
をご紹介します。


題名の通り、「暴力はその男の選択である。あなたは悪くない。」
ということが諄々と説かれています。

暴力、と言ってしまうと「私には関係ない」と思ってしまう人がいるかもしれません。
でも
「お前のためを思って」
「あなたに良かれと思って言っているの」
と家庭や職場で言われてうんざりしたり、うんざりできずに
「私が悪いのではないか」と洗脳されかかっている人はもいると思いますが、
そういう人にもこの本はお勧めです。
また、大声で怒鳴るなども暴力に含まれます。

先日、女性に対する暴力をなくす運動の一環として、国分寺市で講座を行いました。
私がこの本を紹介したら担当の方が3冊持ってきて、回覧してくださいました。
3冊もあるということは担当の方もこの本が良いと思っていらっしゃるんですね、
と言ったところ、「5冊ある」とのことでした。

この本、出版当初は300円程度でしたが、今は古本しかなく1000円程度の値段が
ついています。
この種の本が3倍の値段になって流通しているのは極めて異例ですが、
それだけこの本が良い本であるということでしょう。

しかし、3倍になっていると言っても高いものではありませんですから、
ぜひ一度お読みください。


■講座のご案内
【保育付】アンガーマネジメント入門講座アンガーマネジメント入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
国分寺市の講座の様子はまた記事にします。
こちらもキャンセル待ちの出る大人気講座でした。
参加できなかった方、ぜひ、こちらの講座にご参加下さい。
【保育付】アンガーマネジメント入門講座アンガーマネジメント入門・応用講座お申し込み受付中です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11月12日~25日は女性に対する暴力をなくす運動期間です。

講座後の質問で多い質問に「相手が怒っているときにどうすればいいですか。」
というものがあります。

どうすればいい、ということの前に、なぜ怒っているのかについて考えてみましょう。

さて、ここでいくつかの質問を皆さんにしてみましょう。
あなたに向かって怒っている人を考えてみて下さい。

Q1:怒られるのは私が悪いのですか。
Q2:怒っている時は我を忘れているのではないですか。
Q3:怒るのはその人のためを思ってのことですか。

答えを考えてみて下さい。

・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

答えを考えましたか。
答えは、いずれも「いいえ」です。

A1:怒りはその人の感情なので、例えばあなたが失敗したのを見ても
「怪我はなかったか。」と心配する人もいれば
「不注意だからこんなことになるんだろう。」
と怒る人もいます。
その人が怒っているのはその人のせいであってあなたのせいではありません。

A2:怒った時、我を忘れているわけではありません。
あなたに怒っている人は、上司にはそんなに怒らないでしょう。
人を見て怒りを出したり出さなかったりしているのです。
怒りは弱いところへ向かう性質を持っています。
こちらの記事をご覧ください。
銃を持っているかもしれない

A3:あなたのためを思っているわけではありません。
怒っている時は、アドレナリンが出てとても気持ちがいいのです。
気持ちいいから怒っているのです。

アドレナリンと怒りに関してはこちらをご覧ください。
怒っているとき、すごく自分に生命力を感じる
アドレナリンと怒りの話し
怒りは人を動かす便利な道具か

怒りの性質がわかったところで、怒りを向けられたらどうすればいいかについて考えていきましょう。
怒りを向けられた場合の対処法はすでに書いていますのでこちらをご覧ください。
他人に怒りを向けられたら
イライラの消しゴム新聞でも第4号で取り上げています。
イライラの消しゴム新聞

それでは怒りが暴力にまでなったらどうしましょう。
次回、ご紹介します。

■講座のご案内
【保育付】アンガーマネジメント入門講座アンガーマネジメント入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ