イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

武蔵野

講座を受講した方からこんなご質問をいただきました。

・・・・・・・・・
怒りではなく感情を伝えよ、とのことだったので、子供に
「試験の点数が悪かったら悔しいでしょ。勉強しようよ。」
と言ったところ
「悔しくない。」と言われてしまいました。
どうしていいかわかりません。
・・・・・・・・・

これについてはすでに勉強しろ、言うだけ無駄で、記事を書きました。
今回は、別の観点で考えてみましょう。

「悔しいでしょ。」
というのは確かに感情ですが、
「あなたは悔しいでしょ。」ということで
あなたが主語になっています。
私の感情ではありません。
感情を探すのは難しい、といつも思います。

感情を伝えるときは、「私」の感情を伝えなければなりません。
ではこう言ってみましょうか。
「試験の点数が悪かったらお父さんは悔しいよ。勉強しようよ。」

なんで人の点数でお父さんが悔しいのよ、
結局親の見栄?
と思われておしまいでしょう。
というか、お父さんの方もこんなことは言いづらいでしょう。

やっぱり、勉強しろ、言うだけ無駄なのです。
感情の伝え方は心理学、「勉強しろ、言うだけ無駄」でご紹介したのは教育経済学です。
心理学と経済学で別のアプローチですが結論が同じというところが興味深いです。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

【お知らせ】

ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能ができました。
詳しくはこちら

もしよろしければ、イライラの消しゴムの
更新通知の登録をよろしくお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

こんな漫画をみつけました。

『きょうの横山家』
「息子と二人きりになった時のこと」

奥さんの入院で息子さんと二人きりになった主人公。
息子さんは
「ママとおふろはいりたいー!」
「パパとねたくないー!!」
とお母さんでなくては嫌なよう。

主人公が疲れ切り
「たのむわー・・・ パパだってホントしんどいんだわ・・・。」
と自分の気持ちを言った途端
「パパとねるわ!」
ということで主人公と寝ることになったそうです。

私も同じ経験をしています。
4歳児にも私メッセージ

ああせい、こうせいではなく自分の気持ちをいうと伝わるようです。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

【お知らせ】

ブログの更新情報をLINEで受け取れる機能ができました。
詳しくはこちら

もしよろしければ、イライラの消しゴムの
更新通知の登録をよろしくお願いします。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
横山家はもしかして西東京に住んでいるのか、と思わせる漫画がありました。
探してみてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

受講者の方からご感想とご質問をいただきました。

・・・・・・・・・・・
怒りを得点化させたら、怒りの程度を冷静に判断出来るようになりました。
怒りの感情を適切に処置する方法がある事に気がつけました。
怒りは原始的な感情なので無くす事は出来ないが、
どう処置すれば良いのかがわかってきた。

自分にはアンガーマネジメントが腑に落ち効果を感じたのですが、
なぜにこれほどまでに効果的なのか。
・・・・・・・・・・・

なぜ、アンガーマネジメントが効果的なのか、ということですので、
今回はアンガーマネジメントの特徴をお話ししましょう。

アンガーマネジメントの元となる考え方は認知行動療法というものです。
怒りの元となる考え(認知)を変えて、行動に落とし込んでいくというものです。
うつ病の治療やカウンセリングなどでも使われています(注)。
1960年代から始まって現在まで改良が加えられています。

アンガーマネジメントが効果的であるのは、人生訓や修行ではなく、
心理学の理論が背景にあるからです。

さらにアンガーマネジメントは理論だけではなく使いやすい技術も開発しています。

修行でなく、お説教でもなく、学問と技術こそが問題を解決すると
思う方は講座にいらしてください。
学問と言ったので身構えた方もいらっしゃるかもしれません。
今まで学問なんて役に立たないと思っていた方、
目の前が明るくなるような感激が味わえます。
ぜひ講座にいらしてください。

それからポジティブシンキングに疲れた方にもアンガーマネジメントは
向いているかと思います。
ポジティブシンキングもいいのですが、無理やりポジティブに感じている
だけで問題は解決していないと感じるときがあります。
その場合は、元となる問題(この場合は怒り)を解決しましょう。
その後でポジティブシンキングをしてみるととても効果的だと思います。

参考:
認知行動療法にご興味のある方はこちらの本をご覧ください。

書評はこちらです。

(注)アンガーマネジメントは治療を目的としたものではありませんので
治療を期待しての講座の受講は行わないようにしてください。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

子供をご褒美で釣っていいか(1)の続きです。

遠い将来の「自分のため」ではなく「目先の利益」の方が人間にとっては重要なので、
ご褒美をあげるのはその人間の性質を利用した方法です。

そこで
・ご褒美をあげることは効果的なのか。また、どんなご褒美の上げ方が効果的なのか。
・ご褒美をあげると勉強が楽しいという気持ちがなくなってしまうのではないか。
・ご褒美がなくなると勉強しなくなってしまうのではないか。
ということを考えていきましょう。

この問題に答えを与えたのがハーバード大学のフライヤー教授です。

(1)ご褒美をあげることは効果的なのか。また、どんなご褒美の上げ方が効果的なのか。
フライヤー教授は、
「テストで良い点をとればご褒美をあげます」
という結果にご褒美をあげるグループと
「勉強すればご褒美をあげます」
という過程にご褒美をあげるグループを用意して
両者のテストの点数を比べてみました。

皆さんはどちらが効果的だと思いますか。

結論は「勉強すればご褒美をあげます」という過程にご褒美をあげた
グループの方がテストの点数が高かったそうです。
そして「テストで良い点をとればご褒美をあげます」
という結果にご褒美をあげるグループは、
ご褒美をあげないグループとテストの点数は変わりませんでした。
この理由として、テストで良い点をとる方法を理解していない場合、
まずは勉強させること、勉強の方法を教えることが重要だとしています。

ということはもちろん、間違った漢字を延々と書き取りしているとか、
間違った計算方法でとにもかくにも1時間勉強したとかではなく
ご褒美をあげるにしてもやはり親か代わりになる人が見てあげる必要がありそうです。

(2)ご褒美をあげると勉強が楽しいという気持ちがなくなってしまうのではないか。
次に、ご褒美をあげて勉強させたグループと何もしないグループを比べてみました。
どちらも勉強が楽しいと答えた人の割合に変化はないということです。
勉強が楽しいと思う人は、ご褒美をもらおうともらわまいと楽しいと思い、
楽しくない人はご褒美をもらおうともらわまいと楽しくないと思うということでしょうか。

(3)ご褒美がなくなると勉強しなくなってしまうのではないか。
これを確かめるために、
ご褒美をあげたグループとあげないグループの1年後のテストの結果を
比較してみました。
両方のグループのテストの点は同じでした。
つまり、ご褒美をやめてしまうと勉強する人はするし、しない人はしないという
状態に戻ってしまうということです。

最後の結果が残念ですが、フライヤー教授はこういっています。

「短期的な効果が消えてしまっても長期的な効果まで消えてしまうわけではない。
例えば 幼稚園で良い教育をした人とそうでない人を比べた研究がある。
幼稚園で良い教育をした人は、学校に行ってからの試験の点数が良くなくても
大人になってからの収入が多い。
その理由は、この幼稚園では忍耐や仕事の倫理などを教えたからだ。」としています。

それでは、勉強よりも忍耐や仕事の倫理などを教えた方がいいのではないか、とか、
ご褒美を与えて勉強させることで忍耐や仕事の倫理などは教えることができたのか、とか
疑問が生じ、この点はややこじつけのような気がします。

しかし勉強しなくて困っているお子さんにはご褒美をあげてみる、というのも試してみる価値は
あるかもしれません。
ただし、過程にご褒美をあげることと、
ご褒美をあげなくなったら勉強はしなくなるということに注意してください。

参考文献
Bradley M. Allan and Roland G. Fryer, Jr.(2011)
”The Power and Pitfalls of Education Incentives"
Brookings Institution, hamilton Project


■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

講座受講者から質問をいただきました。

・・・・・・
路上の禁煙の場所でたばこ吸っている人がいます。
私は喘息持ちですのでたばこを吸われると困ります。
このようなイライラはどのように解決したらいいでしょう。
・・・・・・

目的は煙を吸わないことですので、その場から離れるのが一番簡単な方法です。

それなのにたばこを吸っている人を見てイライラしているのはなぜでしょう。
それはあなたが
「規則は守るべき」とか
「私は尊重されるべき」
などと思っているからです。

この「べき」を
「世の中には規則を守らない人もいる」とか
「この人にとっては私は通りすがりの人である」
とかに書き換えてみて下さい。

さて、このたばこを吸う人に注意をしてみるのはどうでしょう。
言うことを聞いてくれる可能性もありますが、
「ちぇっ」などと舌打ちをされる可能性も大いにあります。

もし、この人がこの場所が禁煙であることを知らずにたばこを吸っている
場合、注意すれば、
「あっ、知りませんでした。すみません。」と言って
直ちにやめてくれるでしょう。
そうではなく承知の上でやっている場合、
「うるせえなあ。」
「それは知っているけどこっちも吸いたいんだよ。」
などど思うことでしょう。

人というのは知らなくてやっていることを注意されると直しますが、
承知の上でやっていることは注意されても直しません。

黙ってその場を離れるのを「負けた」と思う人もいます。
私は正しいので移動という労力を使うのは嫌だということでしょう。
そんなときはこう考えてください。
鳥のフンが落ちてきそうなときにはこちらがよけるのであって、
鳥に向かって文句を言う人はいないでしょう。
鳥のフンが落ちてきても「運が悪かった」だけであって、
鳥に負けた訳ではないのです。
「自分には変えられないこともある」と思うと自分の方で対処するのが
一番簡単な方法になります。


■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ