イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

東久留米

日本アンガーマネジメント協会が全国の社会人の男女約 400 名を対象に実施した
「社会人の『怒り』に関するアンケート調査」についてご紹介します。

詳細は、結果本文を見ていただくとして、ここでは気になったことだけご紹介しましょう。

■第三者から聞くのは嫌、メールで叱られるのも嫌
「自分が怒られる時に使ってほしくない手段はなんですか」という問いに対し、
「第3者を通じ口頭で」が半数以上、「本人に直接Eメールで」が3割以上を
占めています。
第3者を通じると「本人が直接言えばいいのに。」「第3者にも言いふらしているのか。」
と思ってしまいそうです。
またEメールも叱る方が言いっぱなしになってしまいがちです。
Eメールは議論に適したツールではないので、受け取った方もそれに返事をしていると
言い訳しているようになってしまい、受け取りっぱなし、あるいは、
「ここは違うんだけど。」と思っても反論せず、不本意ながら
全面的に謝ることになってしまいます。

「第3者に注意させない」「メールは使わない」を意識するだけでも
関係性がよくなりそうです。

■言ってしまう言葉は「ちゃんとしろ!」
「ちゃんとしろ!」と言われてもやっている方はちゃんとしているわけで
ちゃんとしているの基準が上司と部下で違うのです。
ちゃんとしろではなく、
「メールは24時間以内に返信するように」
「始業時間は会社に到着する時間ではなく、仕事を始める時間なので、始業時間には仕事を始められるように始業時間10分前には会社に到着するように」
「電話は3コール以内に取るように」
と言わなくてはいけないわけです。
こんなことを口にするのは面倒くさい、と思うわけですが、このあたりの感覚は実に様々です。
講座でこのあたりの感覚を聞いてみるとびっくりします。
(アンガーマネジメントは一人でも学べますが、講座に参加することの良い点は
人の感覚を知ってびっくりしたり納得したり、自分の見方を見直すことができる
ことです。)

うっかりちゃんとなんていうと
「『ちゃんと』ってどうするんすかー」なんて返事が返ってきてますます
イライラしそうです。

次回から、伝わる言い方を書いていきましょう。

■講座のご案内■
3月、4月講座お申し込み受付中です。
4月保育付講座では、「伝わる言い方」を学びます。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「うちの子は宿題をしないんです。
小学校1年生なので5分でできる宿題なのですが、なかなか始めない。
やっと始めたと思ってもだらだらだらだら。」

こんなご質問がありました。
宿題はよく出るご質問で、このブログでも何回か取りあげています。
宿題をしない中学生
子供が宿題をしない、どうやってべきを書き換えるか。

ある方からこんな方法を聞きました。
「私は宿題は早くやるべき、というべきを捨てました。
宿題はやればいい。
朝やっても間に合うことに気づいたので朝やることにしました。
この方法でうまくいっています。」

考えてみるに、朝は時間に制限があるので、それがうまくいく原因かもしれません。

嶋津良智(2013)『子どもが変わる怒らない子育て』フォレスト出版にも「宿題1問を何分で解けるかゲーム感覚でやってみる」という解決方法がありました。



さて、「時間制限をつけて宿題をする」ということは、宿題をする、しない以上の深い意味があるように思います。
私たちは机に長く座っていると勉強していると思いがちです。
夏休みも「何時間勉強すること」というような計画を立てた記憶はありませんか。
しかし、目的は、宿題を仕上げること、この問題が解けるようになること、であるはずです。
そして試験になれば、短い時間で多くの問題が解ける方がいいですし、
もちろん社会に出てからも短い時間で多くの仕事ができる方がいいわけです。

私の好きなブログにChikirinの日記がありますが、こんな記事があります。
「生産性の概念の欠如」がたぶんもっとも深刻
  生産性を上げる以外に、給与を上げる方法はありません。(中略)
  生産性を上げずにポケットの中のお金を増やす方法は、「より長い時間働く」ことだけなんです。
  それでは「豊か」になれないでしょ。それじゃあ単なる「ブラック環境への道」以外のなんでもないじゃん。

「夏休みは何時間勉強する」なんて目標を立てているとブラック環境まっしぐらかもしれません。
「勉強時間を短くする方法を考えよう」と言ってみるとお子さんも喜んで方法を考えるかもしれませんよ。

■講座のご案内■
3月、4月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イライラの消しゴム:子育て編第2号を発行しました。

西東京市市内各所においていただいています。
こちらからもダウンロードできます。

イライラの消しゴム新聞:子育て編 第2号

・個人で自由にお読みください。
・保育園、幼稚園、学校等で、アンガーマネジメントの教材としてご配布いただいても構いません。
ただし、著作権はオフィス悠々にありますので、ご配布いただく場合は、オフィス悠々までお知らせください。
(料金は取りませんのでご安心ください。
どのような場所で配布されているかを把握するためです。)
・商業的なご利用はご遠慮ください。
・ご感想や取り上げてほしい記事などありましたらオフィス悠々までご連絡ください。

オフィス悠々連絡先はofficeyuyu3☆gmail.com(☆を@に変えてください。)です。
どうぞよろしくお願いします。

■講座のご案内■
3月、4月は連続講座です。
単発でも連続でも受講が可能です。
保育付講座お申込みはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先週、先々週と2週連続で小金井市公民館貫井北分館で講座を開講しました。
R0015224 (300x225)
新しく建ったばかりの素敵な建物です。

この公民館はNPO法人市民の図書館・公民館こがねいが運営しています。
講座の企画運営は、NPO法人の職員と市民の方が行っています。

普段から良い講座を企画していて、おそらく市民の皆さんは募集開始を待ち構えていて応募するのでしょう。
募集開始2日で定員となり、さらに定員の2倍の応募があったそうです。

講座の名前はなんとこのブログの名前をそのまま採っていただき「イライラの消しゴム」でした。
1日目は「怒りの気持ちはどこから来るの?~イライラの消しゴムを手に入れよう~」、
2日目は「怒りを上手に伝えよう~新しい色鉛筆で家族を描こう~」
怒りを消して、その後は新しい感情表現を学ぶという構成でした。
それぞれ2時間ずつの充実した講座でした。

1日目は、怒りの取り扱い方法を学びました。
人の怒りを聞いて共感したり、あるいは、「他人はずいぶんつまらないことで怒っているな」と思ってみたり。
「怒りは強い者から弱い者へ向かう」という話しと「怒りの温度計」が好評だったようです。

2日目は、怒っているけど言えないこと、怒って言ってしまうけれど本当はうまく伝えたいことについて伝える練習をしました。
お子さん、ご主人、お姑さんなど、それぞれ言いたいことを練習してみました。
「今のいい方ここが良かった」
「こうすればもっといいのでは」
「小学生に宿題をやらせる方法、うちではこうしている」
など参加者同士、活発に意見が出ていました。
2日目の最後、皆さん、講座後もお話が尽きない様子で、ずいぶん長い時間話し込んでいらっしゃいました。

R0015227 (300x225)
講座参加の皆さんです。

講座に参加していただいた皆さん、ありがとうございます。
皆さんの熱気で、私も元気をもらえた2日間でした。

講座に参加できなかった方、申し訳ありませんでした。
よろしければ西東京市民会館で毎月行っている講座にお越しください。
また、何人かで集まってお呼びくだされば、出張講座を開催いたしますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

また、講座を企画していただいた公民館の星さん、市民の小川さんはとても熱心にご担当くださいました。
ありがとうございました。

■講座のご案内■
3月、4月は連続講座です。
単発でも連続でも受講が可能です。
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日の講座参加者からご感想をいただきました。ご本人のご承諾を得ましたので、ご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
怒りの記録を1回目行ったところ、書いたことで冷静に振り返ることができました。
またくだらないことで怒ってしまったなあと。
これでまず、ちょっとイラッとした時に、冷静に見つめるもう一人の自分ができたように思います。
また、アンガーマネージメントの手法では6秒間が怒りをコントロールする時間となりすよね。
それとともに、私は心の中で、「なんでも100回」と唱えるようにしています。
息子は今、月に2回程度、療育に通っているのですが、そこでいただいた資料に、適切な行動を身につけさせるためには、「淡々と100回同じことを繰り返して言う」ということがありました。
自分を分析してみると、私は、3回同じことを言った時点でちょっとイラッとしてしまう傾向にありました。
6秒と「なんでも100回」のおまじないの言葉を使うことで怒りをコントロールすることができつつあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

「べき」を書き出してもらうと「一度言ったらわかるべき」という方が結構いらっしゃいます。
子育て中のお母さんに多い印象です。

私も「一度言ったらわかるべき」と思っているのですが、自分のことを考えてみると「一度言ったらわかるべき」は非現実的な「べき」であることがわかります。

私がどうしても覚えられないのが保育園の支度です。
「あれとこれが必要で、保育園に行ったらタオルはここにかけて、コップはここに置いて・・・。」というのが覚えられなくて、新年度は1か月くらい園からのお手紙を見ながら格闘しています。
大人だと、「人に聞かなくてもいいように書いたものを見る」という対応ができますが、子どもはなかなかそういう対応もできませんね。
まさに「なんでも100回」です。
1日1回言ったとして、4か月近くでできるようになるということでしょうか。
それが「普通」だとしたら「一度言ったらわかるべき」というのは本当に非現実的な「べき」です。

私はこれよりもさらにひどく「一を聞いたら十を知るべき」という「べき」も持っているのですが、これについては次回書くことにしましょう。

■講座のご案内■
バレンタインにカップル講座はいかがですか。
カップル講座のご案内
カップル
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ