イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

東久留米

パソコンからこのブログを読んでいる人はお気づきだと思いますが、
右側に人気記事という欄があります。

このブログの人気記事は宿題シリーズと思い出し怒りであるようです。
私も怒りが持続するので、思い出し怒りの対処法はとても役に立っています。
思い出し笑いと違い、思い出し怒りというのはあまり触れることはありませんが、
この記事が人気記事になっていることをみると、
世の中には怒りが持続する方は多いようです。

先日の記事は対処療法でしたが、
今回は根本的な解決方法について考えていきましょう。

さて、発言小町というサイトでこんな記事を見つけました。
 失礼な年賀状を送る友人

この方の友人が、去年の年賀状に不足分の2円を貼って、
今年の年賀状として送ってきた、失礼だ、という記事です。

失礼ならば、会ったときに
「ありえないよー。」
「去年の葉書は郵便局で5円払えば今年のものに交換できるんだよ。」
といえばすむ話ですが、この友人とは、年に一、二度連絡を取るだけの関係だそうです。
わざわざこのことを伝えほどでもない、と思いはするが、
伝えられないだけにイライラしている、という話です。

頻繁に会う人ならば、注意するとか、気持ちを伝えるとか、誤解を解くことができて、
この話は笑い話になるでしょう。

つまり、会う機会がある人ならば、怒りは伝える、というのが怒りを長引かせないための
一つの方法です。

この場合のように会う機会がない場合、自分の考えを書き換えましょう。
この方は、
「去年の年賀状を使うのは失礼だ。私は軽く見られている。」と思っているわけです。
ここで、「去年の年賀状を使った」のは事実、
「失礼」、「軽く見られている」のは、
この方の考えです。

そこで、この考えを書きかえてみましょう。
「この人は物にこだわらない人だ。そういうところが好きで私は付き合っている。」
「私だけにやっているんではなくて、ほかの人にもやっているのだろう。
私だけが軽くみられたわけではない。」
「他の人にはやらないだろうから、私には気を許している。」
「何年かたって物がわかるようになったら赤面するだろう。」
「あー、面白い。ネタができた。」
「きっとよそでもやらかしているに違いない。」

書きかえる場合、信じられても信じられなくてもどんどん書きだしてみてください。

書きかえてみて、どうしてもまだ怒りが収まらない、他にも気になることがあり、
付き合いきれないと思うのであれば、もう付き合わないという選択もあります。
その場合、
「あの人は3円(=交換の5円-今回貼った切手2円)けちって友人失った。」、
ということになりますし、
「私もあの人には3円くらいけちっているかなあ。」
と思うかもしれません。

書いていてだんだんみみっちい話になってきましたが、
なんかつまんないことで怒っていたなと思いはじめたら成功です。
やってみてください。

■講座のご案内■
6月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

元サッカー日本代表、前園真聖さんが、テレビでアンガーマネジメントの
話をします。

5月23日(土)12時より放送予定
 日本テレビ「メレンゲの気持ち」
 
5月25日(月)22時より放送予定
 日本テレビ「しゃべくり007」

なぜ、前園さんが、アンガーマネジメントの話を、とお思いでしょうが、
実は、前園さんはアンガーマネジメントファシリテーターでもあります。

スポーツを行う人の間に、冷静に行動するためにアンガーマネジメントが広がっています。
参考:アンガーマネジメントで世界一に

スポーツをする方は、ぜひ、アンガーマネジメントの講座を受けてみてください。
私が、これ以外にも受けてほしいと思っているのはスポーツの指導者です。
怒鳴ったり、時には体罰などしていませんか。
そんなことをしていたら、ぜひ講座を受けてみて下さい。

(尚、前園さんは収録の際には、アンガーマネジメントのお話をしたそうですが、
実際にアンガーマネジメントの箇所が放映されるかはわかりません。
ご了承ください。)

■講座のご案内■
6月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

伝わる話し方の続きです。

前回まで
伝わる話し方
いつもそうだよね、何万回も言ったよね
感情は一言で

伝わる話し方は、事実、感情、提案、結果にわけて話すことが必要です、
ということで、今回は提案について説明していきましょう。
前回までと同じくメールの返事が遅い部下と宿題をしないお子さんを例にとります。

さて、こんな言い方はどうでしょう。
(部下に対して)
事実:メールの返信が3日なかったよね。
感情:メールが届いていないかと思って心配していたんだ。
提案:心を入れ替えて仕事をして欲しい。

(お子さんに対して)
事実:まだ宿題をしていないよね。
感情:早くやらないと心配なんだ。
提案:もう6年生なんだからやる気を出して欲しい。

どちらも「行動」に関する提案ではなくて「心」に関する提案です。
しかし、メールの返事や宿題が遅いくらいで、仕事をいい加減にしていたり、やる気がないと思われるのはうんざりです。
メールの返事が遅いのは、他の重要な案件を優先していたのかもしれません。
宿題も今からやろうと思っていたのかもしれません。
私たちが見ることができるのは行動だけで、心は見ることができないのです。
心に関することは言っても仕方ないので行動に関することだけ言いましょう。

それではこんな言い方はどうでしょう。
(部下に対して)
事実:メールの返信が3日なかったよね。
感情:メールが届いていないかと思って心配していたんだ。
提案:早く返事をして欲しい。

(お子さんに対して)
事実:まだ宿題をしていないよね。
感情:早くやらないと心配なんだ。
提案:早く宿題をやって欲しい。

どちらも「早くして欲しい。」になりましたけれども、やっている方は、今の状態で問題ないと思っているわけです。
互いに「早い」の定義が違うわけですから、具体的に決めましょう。
つまり、こんなふうになります。

(部下に対して)
事実:メールの返信が3日なかったよね。
感情:メールが届いていないかと思って心配していたんだ。
提案:返事をするのに時間がかかるんだったら、受け取りました、だけでも返事をして欲しい。

(部下に対して)
事実:まだ宿題をしていないよね。
感情:早くやらないと心配なんだ。
提案:夕飯までにやってくれるかな。

これで具体的になりましたね。

まとめると、提案は、
・心ではなく、行動に関して提案する。
・具体的に提案する。
ということになります。

次回、結果について説明しましょう。

■講座のご案内■
5月、6月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回の伝わる話し方の続きです。
伝わるように話すには、事実、感情、提案、結果にわけて話してくださいとご説明しました。

今回は、事実について説明していきましょう。
まず、「いつも」という言葉は使わないようにしてください。

(部下に対し)「君はいつもメールの返事が遅いよね。」
(お子さんに対し)「いつも宿題しないよね。」

でもよく考えてみましょう。
本当に「いつも」でしたか。

部下は、24時間以内にメールを返したことは一度もありませんか。
お子さんは小学校に入ってから1回も宿題をしたことがありませんか。

そんなことはないはずです。
「いつも」というのは事実と異なることに気づくはずです。

もし、本当に入社以来すぐにメールを返したことが1度もないとか、
小学校に入ってから1回も宿題をしたことがないとしたら、
それはもうそういう方針で生きているか、
何らかの問題が隠れているはずです。
問題というのは、例えば、外出が多いのでメールの返事ができないとか、
宿題は一人ではできない、まだ親が手伝う必要があるとかです。
このような場合、元々の問題を解決しない限りは言ったところでどうにもならないでしょう。

このほかに「絶対」「何万回も言ったよね」なども事実を表していない言葉です。
1日3回言っても1年で1000回にしかなりませんから、1万回言おうと思ったら1日3回で10年かかります。
1日6回言っても5年間毎日続けなければなりません。

それでは、事実を正しく言おうということで次のような言い方はどうでしょう。
(部下に対し)「君は電話を取るのも遅いね。いつも7コールくらいで取っているよ。」
(お子さんに対し)「先週は水曜と金曜の2回宿題をやらなかったよね。
今日もまだ宿題をやっていないよね。」

もうお気づきのとおり、この場に関係のないことや過去のことを言っても、うるさいだけです。
「今、ここ」のことだけを言うことにしましょう。

つまり、こんなふうになります。
(部下に対し)「メールの返信が3日なかったよね。」
(お子さんに対し)「まだ宿題をしていないよね。」

まとめると
・「いつも」「絶対」「何万回も言った」など事実と異なることを言わない
・「今、ここ」のことだけを言う
ということになります。

まずは「言わないこと」に注意するだけでも大分、人間関係はよくなります。

次回は、「感情」について書いていきましょう。

■講座のご案内■
4月、5月講座お申し込み受付中です。
4月の保育付講座は怒りを伝える方法です。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

いつもお世話になっている西東京市民会館に、講座のチラシを置かせにもらいに行ってきました。
今回は、チラシだけでなく、ポスターも作ってみました。

係りの人がチラシを見て一言、
「この講座、評判いいですよね。この前、私、誰かから聞きましたよ。」

ええっ、そうなのか。
そうなのかって、確かに講座では手ごたえを感じていますし、
私は講座を受ける前と受けた後では人生が変わると思ってやっています。
でも、こんなに世間で評判になっているとは知りませんでした。

ちょっとうれしい1日でした。
150409_1640~01
西東京市民会館です。駅から行くと裏口にたどり着き、やや格好悪い。

150409_1642~01

表口はこんな感じです。

■講座のご案内■
4月講座お申し込み受付中です。
4月保育付講座では、「伝わる言い方」を学びます。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ