イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

小金井

先日は、受講者から母子手帳にかかわる話しを聞きました。

何歳で何ができるという発達の目安をみて、
そこから遅れるとイライラしてしまう。


何か月で首が座って、寝返りして・・・という発達の目安は
あくまで平均値ですが、そこからはずれるとイライラしてしまう
ということです。
「何か月の子どもは○○ができるべき。」というべきが
あるようです。

「這えば立て、這えば歩めの親心」ということわざがありますが、
このことわざには下の句があるのはご存知ですか。
「わが身に迫る老いも忘れて」
というのだそうです。

「うちの子は○か月なのに○○ができない。」
と思ったら
「這えば立て、這えば歩めの親心 わが身に迫る老いも忘れて」
と言ってみると魔法の呪文になるかもしれません。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最近の母子手帳は見たことがありますか。
赤ん坊の便がこんな色になったら病院に行くように
ということで便の色がカラーで載っています。
とっても実地で役に立ちます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨年に引き続き、小金井市貫井北公民館にお呼びいただきました。
今年も定員の2倍の応募があったそうで、抽選に当選した方20名の講座となりました。
私もお申し込み葉書を見せていただきましたが、
「こんなことで子供を怒ってしまってとても困っている」
ということを切々と書いてくださった方もいらっしゃいまして、
全員参加していただきたかったなあと思いました。
せっかくいろいろ書いていただきましたが、抽選は、
困り度に関係なく、厳正に行ったそうです。
(抽選には関係ありませんが、スタッフにも私にも励みになりますので
どうぞいろいろお書きください。)

151023_0931-01 (350x229)
こんな素敵な内装の公民館です。
151023_0929-02 (228x350)
講座名は「イライラの消しゴム」

今年の受講者は真面目な方が多く、
こちらが照れてしまうくらい、うんうんとうなずきながら聞いていただきました。
講座後、個別にいただいたご質問も、とても真面目なものでした。
いただいた質問については長くなりますので、また日を改めて記事を書きたいと
思います。

講座は2日間でこんなふうに進みました。
ご感想を交えつつ紹介します。

最初に怒りについて学んだ後、ご自分の怒りを班の中で話してもらいます。
自分は人前で話しをするのが苦手と思っていましたが、
3分間聞いてもらって、こんなにすっきりするのだと、
誰かに聞いてもらいたいのだと気づきました。


「3分間、黙って相手の話しに耳を傾ける機会はそうはない」
という言葉にはっとしました。
いつも忙しがって、子供の話しをまともに聞いてやってなかったように
思いました。
これからはできるだけ子どもに目を向けて笑顔で話しを聞いてやりたいです。


3分ですが、時間が余ってしまう方もいて、3分の長さに気づきます。
(もちろん、3分ではまだまだ足りなーい、という方が多い会場もあったりします。)

ついで、「べき」と「一次感情」について学びます。
一次感情を探すこと、それが難しいと感じています。
ご紹介いただいた表情カードを使って、
子どもと怒りをコントロールできたらと思いました。

表情カードはこちらでご紹介しました。

2週間おいて2日目です。
2週間空けてから2回目をやるというのが良かったです。
1回だとなかなか頭に入らないので。

という方もいれば、
イライラした2週間を過ごしてしまいました。
常に意識することが大事だと思いました。

という方も。
継続が難しい方は21日間トレーニングをする応用講座を受講ください。

2日目は怒りの伝え方です。
アサーションの練習で、子ども役になった時に親の感情を聞いたとき
(この時は安心する、でした)、何か反抗心がなくなり、
パッと言葉が出なかったのに驚いた。

前にもアサーティブについて学んだことがありましたが、
より具体的な内容でわかりやすかったです。

アサーショントレーニング!
これのロールプレイをもっとやりたかった。
他の人のロールプレイも見たかった。

「言わない!フレーズ」が学べたり、大変ためになりました。

アサーションは難しい、という声をいただきます。
そういう場合はまずは言わないことだけに気を付けてください。
▼NGワードはなんで
▼いつもそうだよね、何万回も言ったよね

最後にこんなご感想も。
長女が自分と同じ怒り方をするので、私自身もトレーニングして
背中を見せていきたいです。
娘ともアンガーマネジメントの話しをしてみたいです。

先生のユーモアに癒されました。
2日間ありがとうございます。


小金井市の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

はるばる名古屋からお呼びがかかり3連休は名古屋まで出張してきました。

主催はイーブルなごやとジョイナス.ナゴヤ。
イーブルなごやは男女平等参画推進センター、
ジョイナス.ナゴヤは母子家庭等就業支援センターの通称です。

女性だけ40名の講座でした。
託児が20名と充実しており、たくさんの方が参加してくれました。
講座が約2時間の後は交流会もあり、充実した3時間でした。

講座の中で印象に残った言葉を一つ。
「子供の方がアサーティブなのではっとすることがある。」

アサーティブというのは自分の意見を上手に伝える方法です。
つまり、怒らないで「悲しいからやめて。」とか
「今、心配していた。」などと言われるので親の方がはっとするということですね。
その方からもお話しがありましたが、最近の子供は、
学校で話す訓練をしているようです。

こう考えると、教育で随分変わることがわかります。
最近は学校でもアンガーマネジメントが取り入れられていますが、
まだまだ熱心な教員が行っているというのが現状です。

お子さんにアサーティブになって欲しければ、
「お子さんへの贈り物」として親御さんがアンガーマネジメントを
学んでみて下さい。

名古屋の皆さん、ありがとうございました。


■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イライラの消しゴム新聞第4号を発行しました。
11月は児童虐防止月間、女性に対する暴力をなくす運動期間と暴力に関係する運動が続きます。
それにちなんで暴力について特集しました。
今までの3号は子育て編でしたが、今回は大人向けの新聞です。
イライラの消しゴム新聞第4号

・個人で自由にお読みください。
・会社、保護者会等で、アンガーマネジメントの教材としてご配布いただいても構いません。
ただし、著作権はオフィス悠々にありますので、ご配布いただく場合は、オフィス悠々までお知らせください。
(料金は取りませんのでご安心ください。
どのような場所で配布されているかを把握するためです。)
・商業的なご利用はご遠慮ください。
・ご感想や取り上げてほしい記事などありましたらオフィス悠々までご連絡ください。
 オフィス悠々連絡先はofficeyuyu3☆gmail.com(☆を@に変えてください。)です。

過去の新聞はこちらです。
イライラの消しゴム新聞:子育て編 第3号
イライラの消しゴム新聞:子育て編 第2号
イライラの消しゴム新聞:子育て編 第1号



■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

受講者の方からこんなご質問をいただきました。

今までの怒りのスタンスを変革してくことは、異常にエネルギーが必要だと感じてます。
常に意識化したりと、気を緩ますとうっかり怒ってしまうことも。
それをものにするまで皆さんはどーやってモチベーション保ってやっていけてるのか?疑問です。


ここのところ連続講座が続きました。
連続講座では、前回学んだことを活かせたかをきくことにしています。
「学んだことをやってみてうまくいった。」
という人もいれば
「すっかり忘れて怒ってしまった。」
という方もいます。
今回はそんな「すっかり忘れて怒ってしまった。」
方からのご質問です。

アンガーマネジメントを意識するためには、アンガーマネジメントバンドをつけてください。
以前の記事でご紹介したので詳しくは以下の記事をご覧ください。
9月20日講座開講しました(2)
手にバンドをつけておいて、怒ってしまったら付け替えるというものです。
これでアンガーマネジメントを意識してください。

この他に年明けから始めるアンガーマネジメント応用講座では21日間のトレーニング方法を
お伝えする予定です。
こちらもご期待ください。
日程はこのブログでご紹介しますが、見逃したくない方はメルマガへのご登録をお願いします。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ