イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

小金井

怒りに点数をつける、ということを子ども(五歳男児)に伝えました。
その後、イライラしていると、子どもの方から「今怒り何点?」と聞いてくることがあり、
その言葉にイライラしてしまいます。
怒っている人が考えることだから他人が聞いてはいけません、と教えたのですが、
それでよいのでしょうか?


怒りの温度計に関し、受講後の方からいただた質問です。
質問者は怒っていらっしゃいますが、情景が目に浮かんで
思わず笑ってしまいました。

もちろん、聞かれてイライラするならば、その答えでいいと思います。

このことに限らず、アンガーマネジメントの技術は、人によっては合わなかったり、
場合によっては難しかったりすることもあるので、その場合は、無理にする必要は
ありません。

以前、怒りの日記をご紹介した時に
「怒りを書いていくと鬱っぽくなってしまう。どうしたらいいか。」という
ご質問をいただきました。
これも気分が落ち込んでいる時は無理にする必要がなく、
そういうときはこの怒りの温度計など軽めのものに取り組むようにしてください。

ところで、質問者のお子さんはお母さんの怒りの温度を知りたいわけですが、
それに答えるゲームをご紹介しましょう。
その場で聞かれるのはイライラするということですが、
日を改めてこんなゲームをしてみてはいかがでしょう。

お子さんと二人でイライラすることを書き出してみてください。
お母さんの方はこんなことを書き出したとします。
 おもちゃが片付いていない
 脱いだものを脱ぎっぱなし
 今は忙しいから後で話しを聴くと言っているのにきいてくれない
 片付け物ができない
 朝忙しい時にぐずられる

お子さんの方はこんなことを書き出したとします。
 妹におもちゃを取られた
 お母さんが話を聞いてくれなかった
 友達に割り込みされた
 テレビを見ていたかったのに食事の時間になったから消されてしまった

次にそれぞれ温度をつけてみてください。
 おもちゃが片付いていない 3
 脱いだものを脱ぎっぱなし  2
 今は忙しいから後で話しを聴くと言っているのにきいてくれない 5
 片付け物ができない 2
 朝忙しい時にぐずられる 4

 妹におもちゃを取られた 2
 お母さんが話を聞いてくれなかった 3
 友達に割り込みされた 2
 テレビを見ていたかったのに食事の時間になったから消されてしまった 4

次に、相手にイライラの部分だけを見せます。温度の部分は隠してください。
そして相手のイライラが何点だったかを当ててください。
「あの時はすごく怒ってたけど、実はたいしたことじゃなかったのね。」とか
「自分は何とも思っていなかったけどすごく嫌なことだったのね。」とかが
わかります。

これで相手との価値観のすり合わせができるわけです。
ご夫婦でやっても面白いですし、家族全員でやってみてもいいでしょう。

■講座のご案内■
入門・応用講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

19世紀半ばのアメリカにフィネアス・ゲージという男がいました。
ゲージは鉄道建築技術者の職長で、勤勉で責任感があり、
仕事ができて皆に好かれて敬意を集める人物でした。

ある日のこと、作業中の事故でゲージの頭に鉄の棒が突き刺さり、
頭を貫通しました。
普通ならば死んでしまうところですが、ゲージはかろうじて一命を
取り留めます。

一命は取り留めたものの、事故後の性格は以前とは全く異なって
しまいます。移り気で無計画で、礼儀知らずで頑固なのに気まぐれで、
不遜な人物になってしまったということです。

ゲージの性格の変化が現在まで伝わっているのは、事故時にゲージを
診察したハーロウという医師のお蔭です。ハーロウは、ゲージの死後、
ゲージの家族と手紙をやりとりをし、ゲージのその後の様子を知ります。
また、ハーロウはゲージの脳の損傷部位も記録に残しています。

ゲージが損傷したのは前頭葉だとされています。これが、前頭葉が判断、
衝動、展望的記憶を司るということがわかった最初の研究です。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
参考文献


□■□■□■□■□□■□■□■□■
前頭葉に関する記事はこちらもどうぞ。

発言小町という読売新聞の投稿サイトがありますが、「6秒くらいの、バカバカしい言葉。」
というトピックが立ちました。

ガーッと怒らないためには、
カチンと来てから6秒間やり過ごすことがポイントだと知りました。

そこで、
6秒間、やり過ごせるような、
怒るのがバカバカしくなるような言葉を、心の中で唱えようと思っています。

ということで怒るのがバカバカしくなる言葉を集めています。

この中で私がいいなと思ったのは
「ちゃらりー!鼻から牛乳~♪」と
「ようかいの~♪せいなんだ~♪」
です。

「ちゃらりー!鼻から牛乳~♪」はご存知トッカータとフーガニ短調、
「ようかいの~♪せいなんだ~♪」は子供達に大人気の妖怪ウォッチです。

皆さんも何かありましたらFacebookの方のコメント欄にどうぞ。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
おなじみ6秒と魔法の呪文の組み合わせですね。

こんなご質問をいただきました。

夫が愚痴を言います。
「どう思う。」というから自分の考えを言いますが、
「そうじゃない。」と言って怒っています。
どうしたらいいでしょう。


「意見を言え。」と言うから言ったのに「そうじゃない。」と怒られる、
というご質問です。
この場合、ご主人は問題解決は求めていません。
ただ、聞いて欲しいのです。

しかし、世の中には人の話しを聞いて「うんうん、そうだよねー。」と言える人もいますが、
「それは違うよね。」と批判的に意見を言いたくなる人もいます。
「それは違うよね。」と言ってしまう人は、
自分はそうは思わないのに、「そうだよね。」と言って聞いているのは無責任で不誠実な態度である、
と思うわけです。

そこで、今回は「傾聴」という方法について説明しましょう。
傾聴とは「耳を傾けて相手の話をじっくり聴く」とういうことですが、
わざわざ言葉がついていて技術になっているわけですから、
それなりの方法があります。

まずは、相手の言ったことをオウム返しにしてください。
「今日、会社で部下が、締め切りを破って謝らなかったんだよ。」
「今日、会社で部下が、締め切りを破って謝らなかったんだね。」
「注意したら『これは明日でも間に合います。』と言うんだよ。」
「注意したら『これは明日でも間に合います。』と言ったんだね。」

日常生活では、オウム返しというのは使いませんが、
実は、オウム返しされると相手は聞いてもらったと思って満足します。
「うんうん、そうだよねー。」と聞いているだけでは
聴いてもらった気にならないのです。
そして聴いている方にもこの方法は負担になりません。
オウム返しというのは相手はこう見た、こう思ったということを私は聞きました、
と表現しているだけです。
決して相手の意見に賛同しているわけではありません。

オウム返しも繰り返してばかりいると鼻につきますので、
少し応用編に行ってみましょう。
「そう思ったら勝手に締め切り破らないで、事前に『これは明日
でも間に合うので明日に伸ばしていいでしょうか。』と聞くのが
当たり前でしょう。自分の勝手な判断で締め切り破って腹が立つ。
だいたい、謝るのが先、言い訳は後なの。
っていうかそもそも謝ってないし。」
「勝手に締め切り破らないで事前に聞いて欲しかったんだね。」

相手の言葉をまとめて繰り返してあげましょう。
こうするとあなたのまとめが良かった場合は、
気分良く話しを続けますし、
相手の言った重要な言葉が抜けてしまった、とか
相手の意に添わないまとめ方だと
「それからそもそも謝ってないしね。」と相手が、
ここがこの話しの重要なところなの、というところを追加してくれます。

さて、これで相手は一通り満足すると思いますが、
「君はどう思う。」と聞かれたらどうしましょう。
この場合は、自分の意見を言うと「そうじゃない。」と言われるから
やっかいです。
この場合は、相手に質問を返しましょう。
「あなたはどうしたいの。」
そうすると
「言われた時は、急いでいたので、注意もしなかったけど、
やっぱり注意したい。」とか
「あんな奴どうでもいいから注意はしない。」とか
自分で答えが出ます。
そうしたらまた、
「注意しなかったけれど注意しなかったんだね。」とか
「どうでもいいんで、注意はしないんだね。」と
オウム返ししてあげましょう。

「どう思う。」と聞かれたら
「注意したいなら注意してみるといいと思うよ。」
「どうでもいいなら注意しないといいと思うよ。」
と言ってあげましょう。
それでおしまいです。

ところで、あなたが「優先順位の高いものから順に仕事をしていく
部下の方が正しいのではないか。」とか
「どうでもいいなら家で言うな。」と思っていたとしたらどうでしょう。
その場合も
「注意したいなら注意してみるといいと思うよ。」
「どうでもいいなら注意しないといいと思うよ。」
と言ってあげましょう。
これは不誠実ではありません。
人間は自分でやってみないとわからないものなのです。
(愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶという言葉もありますが、
この際それは置いておきましょう。)

まず、自分の思う通りにやってみて、それで
「やっぱりこれでよかった」とか
「この方法ではいけない」とか
結論が出るのです。

格好良く言うと教えるのではなく、相手の中の答えを導き出すのです。
傾聴やってみてください。


■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
傾聴がうまい人は、それはそれで困ったことが起きるようです。
こちらの記事もどうぞ。

このブログでも何回かお伝えしましたが、サッカーの元日本代表
前園真聖さんは、アンガーマネジメントファシリテーターです。

その前園さんが、NHKで45分間アンガーマネジメントについて話しをします。
NHK Eテレ 12月25日(金)
オイコノミア 「短気は損気 “怒り”の経済学」
午前0時30分~午前1時15分

どうぞお楽しみに。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

↑このページのトップヘ