イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

ワーキングマザー

先日、こんな記事をみかけました。

ある会社で、育児中の女性が働きやすくなるようにしているという記事です。
担当者は「子供の熱で突然休むのは仕方ない。
しかし、平日に予防接種のため休むのはやめてほしい。
予防接種は土日にできるのだから土日にするように。」
ということでした。

この担当者は
「自分や家族の病気で休むのは仕方ないが、それ以外は休むべきでない。」
という「べき」を持っているわけです。
このような「べき」、自分で持っている分には構いませんが、人に言ってしまうと問題です。
なぜならば法律に反しているからです。

法律では、有給休暇は理由が何であれ取っていいことになっています。
自分や家族の病気でも、
銀行での手続きでも、
予防接種でも、
旅行でも、
のど自慢でも取ることができるのです。

さらに言うと理由を告げる必要すらありません。
「何月何日有給休暇を取ります。」だけで取得できるのです。
ただし、会社には時季変更権というものがありますから、
忙しい時季には有給休暇を与えないことはできます。

先日の10年以上持っている本です、でもお伝えしましたが、ご自身の権利を知っていると、
「自分はそうしたくないんだけど自分が間違っているのだろうか」
と思ってイライラ、もやもやすることはなくなります。
まさに「知は力なり」です。

さて、
「自分や家族の病気で休むのは仕方ないが、それ以外は休むべきでない。」 
「自分は仕事が終わらなければ、サービス残業をしている。
部下もサービス残業をするべき。」
というような「べき」、法律違反であるばかりでなく、そもそもあまり生産的ではありません。

「皆が有給休暇を取れるようにするにはどうしたらいいだろう。」
「残業を減らすにはどうしたらいいだろう。」
と考えるのが生産的であり、皆が幸せになる道です。

皆さんも不幸につながる「べき」を持っていないか見直してみて下さい。

■講座のご案内■
6月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

他人に対してイライラする、という人のほかに、自分に
対してイライラする、という人もいます。たとえば、仕事
も家事も育児もやらなくてはいけないんだけど、できな
くてイライラする、という人がいます。

そんな人にはこれがお勧めです。



株式会社イー・ウーマンの佐々木かをりさん開発のアクション・
プランナーです。これは、手帳ですが、通常の手帳は、何月何日
に誰と会うという、他人との予定を書いておくものだと思います。
そうではなく、自分の一日の予定をすべて書いておく手帳です。
自分と約束する手帳なのです。

私はこの手帳を使う前は、仕事の予定は、職場の予定表に、
個人的な予定は手帳やカレンダーに書いていました。その頃
は、やることがありすぎて時間が足りないと思っていました。
当たり前です。仕事と個人的な予定の調整をしていないから
です。

この手帳を使うと職場の予定、移動時間、個人の予定など
すべて書き込むことになりますが、「私の立てた予定は
そもそも24時間に入れるのは無理だった」とか「時間がない
時間がないと思っていたが、30分の隙間時間が1日4回ある」
とかわかるようになります。

「仕事も家事も育児もすべき」と思っていても「そもそも計画
に無理があった」とわかればイライラも解消するというもの
です。

佐々木さんにはもっと深い思想があり、「手帳は人生の脚本
であり、仕事と個人の予定を別々の手帳に書くと人生の脚本
が2冊になってしまう。」と言っています。
 佐々木かをりWinwin対談

縦に時間軸のある手帳は最近は多数でていますが、この手帳
は、30分単位で罫線があり、細かい予定を立てやすくなっている
のが特徴です。本皮のものから合皮のものまで色は49色ありま
す。また、これは1日1回見るものではなく、朝起きた時に見て、
1日の予定を把握し、その後も1日中開きっぱなしにしておいて、
予定を見ながら行動するものです。

頑張りすぎてイライラしている方はぜひお使いください。

■講座のご案内■
12月講座、申し込み受付中です。アンガーマネジメント入門講座は一般
向け(もちろん子育て中の方もご参加ください。)、保育付講座は子育て
中の方対象です。
アンガーマネジメント入門講座のご案内
保育付講座のご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私は、ここ1年くらい、苦痛に思っていたことがありました。

4歳になる息子が朝、なかなか起きず、「まだ眠い、お母さん、
お母さん。」と布団の中から私を呼び、私は、朝、しばらく添い寝
をしたりなだめすかしたりしなければならなかったのです。
保育園でお昼寝をするから夜なかなか眠くならず、朝も起きられ
ないのかと思い、保育園の先生に、お昼寝の時間を短くして
もらえないかと頼んだこともありました。

ある夕方、私は息子に言ってみました。「あなたは毎朝、まだ眠い、
まだ眠いっていうけど、お母さん、それは苦痛なの。明日から言わ
ないでくれるかな。」

するとどうでしょう。なんと次の朝、ぱちっと目を覚まし、すたすた
と布団からでてきたのです。そしてそれは、その後毎日続いて
います。

さて、この1年、私が苦痛に思っていたことがこんなに簡単に解決
したのはなぜでしょう。それは「私」を主語にして、気持ちを伝え
たからだと思います。
それまでの私は、「保育園に遅れるから」「もう朝だから」などと言って
起していましたが、眠い眠いと言われるのがとても苦痛だということは
伝えていませんでした。「私は眠いと言われるのが苦痛だ」と自分の
気持ちを伝えたら、その気持ちは伝わったのです。

皆さんも「私」を主語にして自分の「気持ち」を伝えてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ