イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

ご感想・講座報告

足立区足立保健所東和保健総合センターからのご依頼で講座をしました。
思春期の子供と接する教員、保護者が対象で、
「思春期のイライラとどう付き合う」がテーマでした。

思春期の怒りの特徴について教えてください、ということでしたので
ここ10年の脳科学でわかった10代の脳の特徴と、
子供達と一緒にできるアンガーマネジメントのワークをお伝えしました。

ご感想を紹介します。

思春期の脳が未熟、というお話がスーッと入りました。
繰り返し、話していくことが大切だということがわかり、参考になりました。
自分自身が、心穏やかに過ごして、子どもの怒りに飲み込まれないようにしていきたいと思います。
ありがとうございました。


高校生くらいの子供、体は大人ですが、脳は未熟です。
脳は30歳で完成すると言われています。
この話しは次回以降、改めてしましょう。

対象が思春期とありましたが、50代の自分自身もほぼ同じパターンであること。
他の知り合いも10代とかけ離れた人も同様と感じた。
「少しでも自分も含め周囲の人も気づき改善につながれば」と思います。


自分の行動パターンもまるで10代のようだ、
というご感想もいただきました。
そんなことはないと思いますが・・・。
10代の行動パターンはまた改めて記事を書きます。

今日の研修は、私の関わるご家庭にぴったりのものでした。
ぜひ参加していただきたかったのですが、残念です。
“怒り”は、誰しもが持つ感情で、私自身も日常的によく感じるものです。
そのちょっとした怒りを「怒りの日記」を思い浮かべて、
“気持ちを伝える”ことから始めようと思います。
また、仕事で関わるご家庭にも伝えていきたいです。


本日の話は自分を見つめ直すいい機会になりました。
子どものイライラと同時に自分もイライラを共有してしまっていると感じました。
客観的に一呼吸おいて相手(自分)を見ることができたら、もう少し落ち着いた生活ができますね。


人から怒りをぶつけられるのは嫌なものです。
怒りをぶつけられた場合の対処法をご覧ください。

今日はありがとうございました。教員経験は積み重ねてきましたが、
最近の子どもたちにはいろいろと伝わらないことも多く、
何かもっと良い指導方法はないかと悩むこともたびたびです。
自分が変わることで、何か良い影響が出てくるように実践してみたいと思います。


自分自身を振り返ってのグループワークは、
自分の事だけでなく他の方の話を聞いて自身を振り返ることができ、
より講演内容が良くわかりました。
今日は参加してよかったです。
高田先生をはじめ、企画してくださった職員の方々どうもありがとうございました。


貴重なお話を聞くことができ、大変有意義でした。
自分が思っている「~すべき」と他が思っている「~すべき」の考えをすりあわせ、
守る優先順位をつけるところが、大変参考になりました。
自分の考えでは思いつかないことでも、他が入ると考えが拡がる、
実際にランキングをつけることで目に見えて、守るべきものが分かる。
大変明瞭で分かりやすかったです。


人の話しを聞くと勉強になりますし、
人と自分の違いに気づいて、自分の考えの特徴に気づきますね。

今日の講座は、教室でも利用できそう、という声もありました。

具体的な対処療法を知ることができました。
「べき」をすり合わせる→この方法は、学校運営をしていく上で、とても有効だと思いました。
この方法で、学級目標などを決めると、生徒も実践しやすいと思いました。


アンガー、怒りに対してどうしてこんなにも自分はコントロールできないでいるのか。
怒りの後に来る自分自身への嫌悪感、子どもに対するとめどない怒り、さげすみ、
これを何とかしなければこの後の人生が暗雲を呼ぶでしょう。
今日は納得できました。ありがとうございました。


足立区の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
来月も教員の研修、会社員の研修と出張が続きます。
皆さんの職場でもぜひどうぞ。

練馬区立男女共同参画センターえーるで講座を開催しました。
151205_0923-01


区報に掲載して数日で定員が埋まり、20名のキャンセル待ちがあったということで大盛況でした。
女性ばかり30人、20代から70代まで幅広い年齢の方にお集まりいただきました。

151205_0924-01


衝動的に行動しないために、怒りの理論、怒った時の行動の3つを中心にお伝えしました。

ご感想を紹介します。

心の声、自分自身の事が見えました。とても良かったです。


理路整然とした話とレジュメで、とてもわかりやすく納得でき、
参加して良かったと思いました。
では、自分がそのように実行できることが可能かどうか、?マークです。
少しずつ自分を変えていくことの重要性を再確認しました。


すごく楽しい講座でした。
とてもわかりやすく、話もおもしろくて、先生のファンになりました!ブログ、チェックしてみますね!
今日はありがとうございました。


アンガーマネジメントの講座は、講師によっては感極まって泣き出す人がいる、
というようなものもあるようですが、
私の講座は笑って帰っていく方がとても多いです。

151205_0953-01


練馬区の皆さんありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

昨年に引き続き、小金井市貫井北公民館にお呼びいただきました。
今年も定員の2倍の応募があったそうで、抽選に当選した方20名の講座となりました。
私もお申し込み葉書を見せていただきましたが、
「こんなことで子供を怒ってしまってとても困っている」
ということを切々と書いてくださった方もいらっしゃいまして、
全員参加していただきたかったなあと思いました。
せっかくいろいろ書いていただきましたが、抽選は、
困り度に関係なく、厳正に行ったそうです。
(抽選には関係ありませんが、スタッフにも私にも励みになりますので
どうぞいろいろお書きください。)

151023_0931-01 (350x229)
こんな素敵な内装の公民館です。
151023_0929-02 (228x350)
講座名は「イライラの消しゴム」

今年の受講者は真面目な方が多く、
こちらが照れてしまうくらい、うんうんとうなずきながら聞いていただきました。
講座後、個別にいただいたご質問も、とても真面目なものでした。
いただいた質問については長くなりますので、また日を改めて記事を書きたいと
思います。

講座は2日間でこんなふうに進みました。
ご感想を交えつつ紹介します。

最初に怒りについて学んだ後、ご自分の怒りを班の中で話してもらいます。
自分は人前で話しをするのが苦手と思っていましたが、
3分間聞いてもらって、こんなにすっきりするのだと、
誰かに聞いてもらいたいのだと気づきました。


「3分間、黙って相手の話しに耳を傾ける機会はそうはない」
という言葉にはっとしました。
いつも忙しがって、子供の話しをまともに聞いてやってなかったように
思いました。
これからはできるだけ子どもに目を向けて笑顔で話しを聞いてやりたいです。


3分ですが、時間が余ってしまう方もいて、3分の長さに気づきます。
(もちろん、3分ではまだまだ足りなーい、という方が多い会場もあったりします。)

ついで、「べき」と「一次感情」について学びます。
一次感情を探すこと、それが難しいと感じています。
ご紹介いただいた表情カードを使って、
子どもと怒りをコントロールできたらと思いました。

表情カードはこちらでご紹介しました。

2週間おいて2日目です。
2週間空けてから2回目をやるというのが良かったです。
1回だとなかなか頭に入らないので。

という方もいれば、
イライラした2週間を過ごしてしまいました。
常に意識することが大事だと思いました。

という方も。
継続が難しい方は21日間トレーニングをする応用講座を受講ください。

2日目は怒りの伝え方です。
アサーションの練習で、子ども役になった時に親の感情を聞いたとき
(この時は安心する、でした)、何か反抗心がなくなり、
パッと言葉が出なかったのに驚いた。

前にもアサーティブについて学んだことがありましたが、
より具体的な内容でわかりやすかったです。

アサーショントレーニング!
これのロールプレイをもっとやりたかった。
他の人のロールプレイも見たかった。

「言わない!フレーズ」が学べたり、大変ためになりました。

アサーションは難しい、という声をいただきます。
そういう場合はまずは言わないことだけに気を付けてください。
▼NGワードはなんで
▼いつもそうだよね、何万回も言ったよね

最後にこんなご感想も。
長女が自分と同じ怒り方をするので、私自身もトレーニングして
背中を見せていきたいです。
娘ともアンガーマネジメントの話しをしてみたいです。

先生のユーモアに癒されました。
2日間ありがとうございます。


小金井市の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

お蔭さまで出張講座が続きます。
先日はNPO法人日野子育てパートナーの会のお招きで講座を開催しました。
日野子育てパートナーの会では、市の施設で週4日「みんなのはらっぱ」という
子育て交流会を開いています。
その「みんなのはらっぱ」での講座でした。
151112_1204-01
「みんなのはらっぱ」。ここでみんなが遊んでいる、というのが通りからでもよく見えます。

20名程度、お母さんと離れられる子は離れて遊び、離れられない子は同席する
かも、ということでしたが、お母さん方が2倍以上の50人、お子さんも7割方は
お母さんと離れられないという状態でとても熱気のある会場でした。

講座後
「とてもいい話だったー。」と講座に参加できない人にお話ししていたのが
印象的でした。

後日、会が発行する「みんなのはらっぱだより」に講座の様子を掲載して
いただきました。
ご感想を引用します。

わかっているけどなかなか難しい。
気持ちもコントロールできること、大発見でした。


「イライラ」という感情的なものを、ことばなどで分析
したりすることで、頭と心が整理できると改めて知った。


怒りは技術でコントロールできるのです。
ぜひ、技術を身に付けてください。

学ぶ意味の「子どもへの贈り物」という言葉にドキッとした。
最近子どもに怒っている所ばかり見せていたなあ・・・と。


弱い人に怒るということに、「ハッ」とした。
自分が上の子に怒ると、上の子は下の子にという怒りの連鎖が
おこるということなので、私で怒りを止めなければと思った。


弱い人に怒る、これを知っただけで怒るのが恥ずかしくなる、
という人がいます。
怒りは弱い者に流れるということは先日の記事もご覧ください。
▼銃を持っているかもしれない
151203_1533-01
「みんなのはらっぱだより」です。

日野の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
お子さんへのクリスマスプレゼントはイライラの消しゴム
(=親が怒らないこと)

三鷹市で講座を開催しました。
各地で定員超過して参加できない方が続出していますが、
こちらは定員50名と大人数で開催していただきました。
当日はあいにくの雨でしたが、雨の中でも皆さんいらしていただきました。

11月は女性に対する暴力をなくす運動期間があるということで、
他人からの怒りを受けない方法についてもお話ししました。
これはブログでは記事を書いていませんが、イライラの消しゴム新聞第4号
に書きましたのでこちらをごらんください。

ご感想をいただきましたので一部ご紹介しましょう。

2hたっぷり聞けたのは産後初めてでした。
平日昼間の託児付き講座は小さい子のママしか集まりませんが、
今日はお仕事中のママや男性参加者も多く、意見交換に幅がありとても良かった。


本は読んだが、それだけでは身につかなかったので、
今回の講座が次の一歩になるのではないかと思えた。


べきが自分をしばっているものだと思うので、
文字にすることで自分のよろいを可視化できるように思う。


自分の「べき」と他人の「べき」が違うということの認識を再確認した。

許容可能時間が自分と人と大きく違った。

講座では会社に行くのは始業時間のどれくらい前か、ということを聞いてみました。
早く来て準備をしろ、という人もいれば、
準備というのも仕事のうちなので、就業時間内にすればいいのではないか、
早く来ると残業代がかかるのでは、という人もいて
人それぞれ「べき」が違うことを実感しました。

もう少し時間があればよかったと思います。

2時間たっぷりという方もいれば、もう少し時間が欲しいという方も。
もっと学びたいという方は1月から開催するアンガーマネジメント応用講座の方へ
ぜひご参加ください。

三鷹市の皆さん、ありがとうございました。


■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

↑このページのトップヘ