イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

一般

大川小の津波被害の判決がでたり、木製ジャングルジムの火災が起きたりしました。
私はこういう事故が起きると
「私がその場にいて危ないと気づくことができただろうか。」
「気づいたとして『危ないから逃げろ(やめろ)』と言えただろうか。」といつも考えてしまいます。

「津波が来るんだから裏山に逃げれば良かった。」
「火災が起きるのはわかっていた。」
と物事が起こった後では言いたくなります。
人間には物事が起きてからそれが予測可能だったと考える傾向があります。
これを後知恵バイアスといいます。
しかし、私がその場にいたとして適切に判断でき、行動できただろうか、
私はいつもそう思います。

人間には、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、
「自分は大丈夫。」「今回は大丈夫。」などと過小評価してしまう傾向があります。
津波はここまでこないだろう、まさか燃えないだろう。
このような見方を正常性バイアスといいます。

正常性バイアスがあることを知れば、
「自分は大丈夫。」と思ってしまった場合、
「これはバイアスのかかった判断なのではないか。」と
考え直すことができます。

それから私たちは「みんなと一緒だから大丈夫。」とか「みんながやっているから大丈夫。」とか
思ってしまいがちですが、よく考えてみればそれは何の根拠もないことはわかります。
みんなと一緒にいても津波や火災がよけてくれるわけではありません。
集団の中では、次第に危険度(リスク)の高い方向に言動が傾斜していくこと、
個人であれば犯さないような間違いを犯すことがあります。
これをリスキー・シフトといいます。

リスキー・シフトを犯さないためにはみんながしていることでも、それは違うと言ったり、
自分だけ違う行動をするという訓練が普段から必要なのではないかと思います。
先生の言うことでも間違っていれば従わない、
それは子供に強く言っておかなければいけないかもしれません。
人に従う人間ではなく、自分で考える力を持つ人間を育てることが教育なのですから。

「気づいたとして危ないから逃げろ。(やめろ)」と言うこと、
これも普段から練習が必要なのではないかと思います。
「言ったら嫌われる。」
「空気読めないと思われる。」
そうではなく思ったことは言う、小さいことから訓練が必要です。

言っても聞かないなら自分だけでも全力で逃げなければなりません。
ここには怒りの力が必要なのではないかと思います。
敵や脅威にさらされたとき、アドレナリンを放出して
逃げたり、怒鳴ったり、攻撃したりする、
これが怒りなのですが、
私たちは普段、敵でも脅威でもなく、単なる考え方の違いにすぎないこと
でアドレナリンを放出して怒っています。
しかし、そんなことではなく、このような命に関わるときにこそ、
アドレナリンを放出し、止める者を全力で振り切って逃げたい(阻止したい)ものです。

■講座のご案内
【保育付】アンガーマネジメント入門講座アンガーマネジメント入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ある食品会社で缶詰の中に虫が入っていましたが、
自主回収はしないとのことでした。
当該工場への立ち入り検査、取引停止は行っています。

すばらしい!
私は常々、食品の異物混入の際の自主回収は無駄だと思っていました。

毒が混入していたということであれば目で見てわからないので
自主回収が必要でしょう。
虫が入っているのは目で見てわかるので食べなければいいだけです。
そして回収したところで恐らく他の缶には入っていないでしょう。
ただし、当該工場の衛生面の問題は懸念されるので
当該工場への検査と検査の結果としての改善や場合によって取引停止は
必要でしょう。

こういうふうに問題を切り分けて考えずに、
あるいは切り分けて考えることは出来るのに
世間のうるささに負けて自主回収するのは本当に無駄です。

うるさいのは一部です。
ノイジーマイノリティといいます。
ノイジーマイノリティの正義感に見せかけた憂さ晴らしにつきあう必要は
ありません。
自主回収をするなんていうことはその費用は結局価格に跳ね返ります。

そう思っていたところ日本アンガーマネジメント協会安藤俊介代表も
「ノイジーマイノリティー」を恐れるなという記事を書いていました。
こちらの記事もご覧ください。

■講座のご案内
【保育付】アンガーマネジメント入門講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
謝罪会見で頭下げるのも私は嫌いです。
謝罪は被害者にすればいいのであって、
テレビの前の皆様にする必要はないです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

町田市男女平等推進センターで講座を開催しました。

平日の午前中にも関わらず、男性も含めたくさんの方がお集まりいただきました。

今回のご依頼は
「センターへの相談は、夫婦間で生じる不満が多い。
不満や怒りを夫にきちんと伝えられないことが、離婚や別居のきっかけになっているのではないでしょうか。
夫婦間のトラブルを減らすためにも、イライラや怒りの感情をコントロールする術を身に付けてもらいたい。」
ということでした。

不満を伝えたいということなので、怒りのメカニズムについて説明した後は
「仲直りのキャッチボール」というゲームをしていただきました。

「仲直りのキャッチボール」は、意見を言いたい方が、事実と感情と提案を言う、
聞いている方は、事実と感情を受け取って、提案のうちできることを選択するというものです。

例えばこんなふうにやっていきます。
A:「昨日は終電を逃してタクシーで帰ってきたよね。」 (事実)
B:「昨日は終電を逃してタクシーで帰ってきました。」 (事実の繰り返し)
A:「私は寂しかった。」 (感情)
B:「あなたは寂しかったんだね。」 (感情の繰り返し)
A:「飲む回数は週に2回までにするか、遅くなるときは電話するか、終電までには帰ってきてほしい。」
   (3つの提案)
B:「飲む回数は週に2回までにする。」 (1つの選択)

このように事実→事実の繰り返し→感情→感情の繰り返し→3つの提案→1つの選択、
と進みます。
この方法のポイントは提案を3つする、ということです。
私たちは「言ったからには言うことを聞いてほしい。」と思いますが、
相手は自分の提案を聞いてくれるとは限りません。
そこで提案する方は代替案も考えるのです。

代替案を考えるのに3つというのがポイントで
2つだと、「飲む回数は週に2回までにして欲しい、そうでなければ離婚する。」
とか1と0のような提案になってしまいがちです。

3つにすることによってこのような1か0の提案はなくなり、
現実的な提案となります。

「仲直りのキャッチボール」をしていただいたところ、
「自分の提案を整理できた」という声をいただきました。
中には相手が3つの提案をすべて受け入れてくれたことも。

一通りの講座が終了した後、質問を受けましたが、
この質問の内容もとても濃いものでした。
講座後のご感想の中には
「質問が一番勉強になった。」という声も。

話しを聞いて、自分のものとして考えて、その場で質問する、
というのは講座ならではの醍醐味です。

町田市の皆さまありがとうございました。


■講座のご案内
【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

jiyukenkyu


■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
「仲直りのキャッチボール」忘れてはいけないのは相手が提案を受け入れた後のことです。
「週2回になったのはいいけど相変わらず終電は逃しているよね。」とか相手が受け入れた
以上のことは言わないようにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

私の友人から聞いた話でとても興味深いことがありました。
友人の許可を得たうえで、ここに掲載します。

友人はあることで怒っていたのですが、
「これは私のパンドラの箱なの。この話しは箱を開けて話し始めると大変なの。」
と言っていました。

このパンドラの箱のことを友人がある人に話したそうです。

すると
「くだらない怒りを忘れたいと思って箱に入れて思い出さないように蓋をしている
けど、それがかえって大事に取っておくことになっているの。
だから嫌になって投げ捨てようとするとバウンドして跳ね返ってきてしまう。
そうじゃなくて手のひらにそっと包んでテーブルの上においてみる、
みたいな感じにしておけばいいの。
人間は忘却できる生き物なの。
昨日食べた夕飯も覚えていないでしょ。」
と言われたそうです。

あなたは昨日の夕飯何を食べたか覚えていますか。

思い出し怒りというのは記憶を強化する作業なのです。
昨日の夕飯と同じように思い出さないでください。

思い出して怒っている人、人間というのは昨日の夕飯も覚えていないんですから
あなたを不愉快にするつまらない怒りは忘れてしまいましょう。

大事に大事に箱に入れておいて時折取り出して記憶を強化して、いるから
いつまでたっても忘れられないのです。

もし、怒りを思い出してしまったら、その怒りをごみだと思ってごみを捨てる
ことをイメージしてみてください。
その怒りがお腹にあるように感じたらトイレに流すイメージでもいいでしょう。

記憶も断捨離してみてください。

<思い出し怒りに関する過去記事>
▼思い出し怒りには
▼去年の年賀状に2円切手を貼ったものが届いたら
▼餅つきで手をつかれたことはありますか


■講座のご案内
【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
保育園の連絡帳に昨晩何を食べたか書かなくてはなりませんが、
毎朝苦戦しています。
夫にまかせると「ごはん、がんも」と書かれてしまいました。
ある日は「ごはん、にんじん」と書かれていました。
がんもやにんじんは材料であって、料理ですらないような気がします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日の記事で怒りが弱いところに向いていないか、
と書きましたが、それでは強いところに向けばいいのか、ということを考えてみましょう。

強いと思われる人、例えば政治家とか権力を持っていそうな人が
叩かれることがあります。

これは社会を良くするために必要なことでしょうか。

こちらの記事をご覧ください。
みんなが叩く人は自分も叩いてもいい、と考える人は怖いです

叩く人は、鬱憤晴らしをしているだけです。

いいや、自分は世の中を良くしようと思って叩いているんだ、という人は
・公職選挙法をどのように改正すれば今回の東京都知事のようなことがなくなるでしょうか。
・公職選挙法の改正以外にどのような方法があるでしょうか。
ということを考えてみて下さい。
答えが見つからなければあなたはこの問題を大して深刻に考えてもいませんし、
何の改善もできないでしょう。

問題は人ではなく、制度です。

日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介氏の
正義の名の下に断罪する人たちの声をどう扱うかという記事によると
正義感をかざして社会悪と思えるようなことを一生懸命たたく人たちのことを
「社会正義のために戦う人(Social Justice Worrier)」というそうです。
この「社会正義のために戦う人」は褒め言葉ではなく侮蔑の言葉だそうです。

「社会正義のために戦う人」になっていませんか。


■講座のご案内
保育付講座入門講座受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ