イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

一般

日本経済新聞7月4日夕刊にアンガーマネジメントが紹介されました。

キレず感情制御知る 学校でアンガーマネジメント 授業で体験談、
自分を分析 「親とケンカ 減った」

(こちらの記事は会員限定ですので、無料の会員登録をするか、
日経新聞を取っている方は紙面をご覧ください。)

キレる子供達が、アンガーマネジメントで感情の制御を知ったという
話しです。

少し前のものになりますが、こちらの記事もアンガーマネジメント
の印象がつかみやすいと思います。

「アンガーマネージメント」を身につけよう
~ママ世代公募校長奮闘記(20) 山口照美


■7月講座お申込み受付中■
今回、ご紹介した記事は二つとも子供向けのアンガーマネジメント
ですが、親がアンガーマネジメントを学ぶと子供もよい感情表現を
学びます。こんな感想をくれた講座参加者もいます。7月講座は
無料ですのでぜひこの機会をご利用ください。
○7月8日(火)講座 西東京市こもれびホール会議室10:30~11:30 残席7
○7月10日(木)講座 西東京市市民会館第4会議室10:30~11:30(保育付) 残席1
○7月17日(木)講座 西東京市コール田無会議室B 10:30~11:30(保育付) 残席7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2014年6月26日産経新聞でアンガーマネジメントが紹介されました。

  アンガーマネジメント 怒りを制御、体罰防止で注目

体罰防止にアンガーマネジメントが有効であるというものです。

教員は規範、すなわち「べき」を教えるのが仕事ですので、自分
の「べき」と生徒の「べき」が違っているととてもイライラするのです。
これが抑えられないと体罰ということになります。

さて、体罰はしないけれどイライラしている教員は、どうなるかわかります
か。イライラをため込んでしまうのです。自分の体調が悪くなり、自分を罰
してしまうのです。

私は、イライラをため込んで、体調が悪くなってしまうような教員、医療従事者、
介護職など支援職の方にアンガーマネジメントを届けたいと思います。順次、
講座を作っていきますのでお待ちください。

■7月講座お申込み受付中■
親のためのアンガーマネジメント講座
○7月8日(火)講座 西東京市こもれびホール会議室10:30~11:30 残席7
○7月10日(木)講座 西東京市市民会館第4会議室10:30~11:30(保育付) 残席1
○7月17日(木)講座 西東京市コール田無会議室B 10:30~11:30(保育付) 残席7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、電車の中で立っていた時のことです。

私の傘が前に座っている人の足に当たったようです。私は
気が付かなかったのですが、その人は大げさに顔をしかめ
足のしずくを払いました。私はすぐに謝りましたが、こちら
が悪いとはいえ、その人が目の前にいると不愉快です。

皆さんはこんなときどうしますか。街中でぶつかられた、
電車の中で物を食べている人が気になる、電車の中で
足を広げている人がいて邪魔だ、ヘッドフォンから音楽が
漏れている、公共の場で子供が騒いでいるのに親が注意
しないなど、通りすがりの人にイライラするときです。

丁寧にお願いするというのも一つの方法です。しかし、今回の
場合のように、傘が当たっただけで大げさに反応する人に
「こちらが悪いのですが、あまりに大げさなのではないですか。」
と言ってみても、いい結果が返ってくるとは思えません。

このような話は、前回のストレスメモを使うと、重要でなく変えられ
ないにあたります。このような場合、その場から離れましょう。

「その場から離れるのは負けじゃないですか。」という人がいます。
重要でないのだからいいのです。じゃんけんで負けるとか郵便
ポストが赤いとか電信柱が高いとかそういうものだと思ってください。

■7月講座お申込み受付中■
7/10講座に人気が偏ってしまいました。少人数でたくさん話せるのは
いいものです。7/8、7/17講座にもどうぞお申込みください。もちろん、
人数が多い講座では、自分と考えが違う人に会える機会が多いという
良さもあります。
○7月8日(火)講座 西東京市こもれびホール会議室10:30~11:30 残席7
○7月10日(木)講座 西東京市市民会館第4会議室10:30~11:30(保育付) 残席1
○7月17日(木)講座 西東京市コール田無会議室B 10:30~11:30(保育付) 残席7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前、個人的にアンガーマネジメントを教えた方からご感
想をいいただきましたのでご紹介します。
・・・・
講座を受けて、育児はもとより、日常で腹が立ってどうに
もストレスになることを客観的に考えるきっかけをつかめ
ました。
第三者的視点でゆるく書きかえるのは、怒りの真っ最中
ではなかなか難しいですが、ちょっとひと呼吸おいて、身
近なひとで朗らかでいいな、と思っている友人などを想
像して、彼女ならこう考えるかな~と思ってみたりしてみ
たら、ヒントを得られた気がしました。
怒りの度数を考えてみるのもとても役に立ちました。
いま怒ってるけど、数値にしたらこれくらいの程度のこと
だよな、と思うとバカらしく思えて落ち着いたりできました。
・・・・

怒りの度数というのは、怒っているときに使うものです。
何もないときを0、最大の怒りを10として怒りの温度
をつけてみてください。

怒ったときは「怒り3。」と頭の中で考えてみてください。
そうすることで衝動的に行動することを防げます。また、
この方も言っているように、「数値にしたらこれくらい」と
思うと怒るのが馬鹿らしくなってきます。怒りが扱いやす
いものになってきますね。
また、家族の共通言語にすることもいいでしょう。「私、
怒り4。」と言ってみてください。怒りをユーモアに
包んで表現することができます。

もうひとつ、「第三者的視点でゆるく書きかえる」というのは
次回、ご説明しましょう。

■7月講座お申込み受付中■
ただいま、講座お申込み受付中です。百聞は一見にしか
ず。今回は開設記念で無料になっています。ぜひ、この
機会にお試しください。
講座のご案内<親のためのアンガーマネジメント講座>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ