イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

子育て

日本経済新聞7月4日夕刊にアンガーマネジメントが紹介されました。

キレず感情制御知る 学校でアンガーマネジメント 授業で体験談、
自分を分析 「親とケンカ 減った」

(こちらの記事は会員限定ですので、無料の会員登録をするか、
日経新聞を取っている方は紙面をご覧ください。)

キレる子供達が、アンガーマネジメントで感情の制御を知ったという
話しです。

少し前のものになりますが、こちらの記事もアンガーマネジメント
の印象がつかみやすいと思います。

「アンガーマネージメント」を身につけよう
~ママ世代公募校長奮闘記(20) 山口照美


■7月講座お申込み受付中■
今回、ご紹介した記事は二つとも子供向けのアンガーマネジメント
ですが、親がアンガーマネジメントを学ぶと子供もよい感情表現を
学びます。こんな感想をくれた講座参加者もいます。7月講座は
無料ですのでぜひこの機会をご利用ください。
○7月8日(火)講座 西東京市こもれびホール会議室10:30~11:30 残席7
○7月10日(木)講座 西東京市市民会館第4会議室10:30~11:30(保育付) 残席1
○7月17日(木)講座 西東京市コール田無会議室B 10:30~11:30(保育付) 残席7
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

講座参加者からの質問にこんなものがありました。

「子育てに関するストレスで、よくあるのは他の子供や
母親との関係です。例えばよその子にいじめられた、
とかいじわるされた、ということで、その子どもや母親に
対してクレームをつけてみたり、見るたびに憎たらしい
気持ちになったりすることがあると思います。そういうシ
チュエーションで他人に対する嫌な気持ちを題材にした
対処法があったら教えてもらいたいです。」

この場合は、ストレスメモという方法を使いましょう。
下の図をみてください。
stressmemo


縦軸は、重要、重要でない、横軸は変えられる、変えられ
ないです。まず、あなたにとってお子さんがよその子にい
じめられて嫌になったとしてその子供や母親は変えられ
ますか、変えられませんか。

変えられるならば問題解決しましょう。その場合に、「いつま
でに」「どうやって」「どの程度」を考えましょう。1か月以内に、
直接嫌だということを言ってみる、意地悪はその子の性格だ
けれどいじめは困るのでやめてもらう、などです。「いつま
でに」「どうやって」「どの程度」を考えないと、いつまでもイラ
イラすることになりそうです。

次に変えられないなら、現実的な対処を考えましょう。例え
ば、その子供や母親とはもう関わらないようにする、自分で
は解決できないので幼稚園の先生にお願いするなどです。

次に重要か重要でないかを考えましょう。変えられるけど、
重要でない問題は時間があるときに取り組んでください。
たとえば、その子とはたまに公園で会うだけなのでそれ
ほど重要ではない、というような場合です。

変えられもせず、重要でもない問題は、どうでもいい問題で
す。考えないようにしましょう。

まとめるとこのようになります。
stressmemo2


問題を分けてみることで扱いやすくなったと思います。

■7月講座お申込み受付中■
アンガーマネジメントの技術を学びましょう。
ただいま、講座お申込み受付中です。
講座のご案内<親のためのアンガーマネジメント講座>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

アンガーマネジメントを教えた方から感想をいただきました。
・・・・・
よく観察してみたら、娘の怒り方が自分と同じで怖くなりました。
気をつけていきたい。自分を変えたいとますます思うようになりました。
・・・・・

親がアンガーマネジメントを学ぶ意味の一つは、子供へ正しい
感情表現を教えることです。子供は親のまねをしますので、
親の感情表現をすぐ学びます。

私は、私の親や先生の言葉が私の口からでてきてげっそりした
ことがあります。子どもへの贈り物としてアンガーマネジメントを
学んでください。

■7月講座お申込み受付中■
アンガーマネジメントの技術を学びましょう。
ただいま、講座お申込み受付中です。
講座のご案内<親のためのアンガーマネジメント講座>



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

以前、アンガーマネジメント講座を受けた方からブロ
グの感想をいただきましたのでご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特に「早くしなさい!を言わずに予定を教える」
なんでできないの!をどうやったらできるかな?に言い換える
はハッとさせられた内容でして、実践しています。
前者の例でいうと、毎朝保育園にいくときに途中に通る
団地の公園で遊びたいという娘に、以前は「だーめ!
早くー、遅れちゃうよっ。」と急かしていました。これを「今
日は朝テレビ観てたから家でるの遅かったね。ここでゆっ
くりしてると保育園遅れちゃって皆と一緒に遊べないよ
ね?」「じゃあすべり台1回だけすべっていこうか、そした
らその分早く歩こうね?」と話せるようになりました。
子どもに受け入れられやすくなるだけでなく、私自身の
気持ちもこれで大分軽くなりました。
最新のエントリにあった自分を主語にして子どもに話す
というのもやってみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この方は、講座の内容を消化して応用してくれました。
私は「駄目なものは、駄目。」と言ってしまうタイプなので
すが、それはあまり効き目がありません。このような言い
方は、説明を省略しているのですね。そうではなく、こ
の方のように「ここでゆっくりしているとどうなるのか。」と
いうのを子供が理解できる言葉で話せるようになるといい
ですね。

■7月講座お申込み受付中■
ただいま、講座お申込み受付中です。すでにお申込み
いただいた方ありがとうございます。ご検討中の方も
今回の無料期間中にお試しください。
講座のご案内<親のためのアンガーマネジメント講座>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、息子が朝「眠い、眠い」とぐずらなくなった話
を書きました。その理由として「私は苦痛だ」と「私」
を主語にして、自分の「気持ち」を伝えたからだ、と
書きました。

今日は、もう一つの理由をあげてみましょう。もう一
つは「夕方に話をした」ということです。息子が「まだ
眠い、まだ眠い。」とぐずっているときに、「あなたは
毎朝、まだ眠い、まだ眠いっていうけど、お母さん、
それは苦痛なの。明日から言わないでくれるかな。」
と言っても、恐らく、それは伝わらなかったでしょう。
感情的になっているときは、理性は低下しているから
です。

駄々をこねている時、ぐずっている時、怒っている時に
話をしたり気持ちを伝えてもそれは伝わりません。その
場はやり過ごして、後で話をしたり気持ちを伝えるよう
にしてみてください。

■7月講座お申込み受付中■
ただいま、講座お申込み受付中です。すでにお申込み
いただいた方ありがとうございます。ご検討中の方も
今回の無料期間中にお試しください。
講座のご案内<親のためのアンガーマネジメント講座>
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ