イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

子育て

ティーン(10代の子供)はなぜ、気分屋で、衝動的で、ふてくされているのか。
なぜ、感情を露わにし、口答えし、気遣いしないのか。
なぜ、飲酒、運転、セックス、その他諸々についてティーンは判断力に欠けるのか。
それを知るには、彼らの脳の配線の具合を見る必要がある。
(フランシス・ジェンセン、エイミー・エリス・ナット(2015)『10代の脳』文芸春秋)

 
気分屋で衝動的な思春期のお子さんに手を焼いている方も多いと思います。
ここでは、最新の脳科学の知見を元に、思春期の子供の特徴について説明していきたいと
思います。

★10代は脳が完成していない。
10代も後半になると大人に見えますが、実は脳は完成していません。
特に判断、衝動を司る前頭葉が未発達で、脳の他の部分とのつながりも弱いです。
脳が完成するのは30歳になってからと言われています。

ですから、ああすればこうなるという判断が弱く、危険な行動を取りやすいのです。

例えば、一気飲みをするとどうなるのか、酔いつぶれた友人がいたらどうすれば
いいのか、という判断は弱くなります。
そんなことは、いくらでも報道されているので、うちの子はわかっていると思ってもそうでは
ありません。
前頭葉は展望的記憶というものも司っています。
展望的記憶というのは将来すべきことを覚えておく能力です。
つまり、酔いつぶれた友人がいたら介抱する、場合によっては病院に連れていく、
ということを覚えておけない、ということなのです。

大人からしたらそんな馬鹿な、と思いますが、
それが嘘ではないことは、一気飲みとその被害がいつまでも問題になっていることからもわかるでしょう。
SNSにアルバイト先でふざけた写真を載せてしまうなどというのも同じでしょう。

★対策
それでは、10代の子にはどうしたらいいか、ということですが、
「同じことを繰り返し言う」ことが必要です。
壊れた蓄音機のように同じことを何回も言ってください。
うちの子はもう大学生だから、と思っても油断は禁物です。
お子さんの脳はまだ完成していないのです。

脳が未成熟だから仕方がない、と思えば、お子さんが、
馬鹿げた行動をしても、
衝動的でも、
一度言ったことを覚えていなくても、
イライラせずに我慢できると思いませんか。

参考文献



■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
livedoorブロガーのカータンはこんな記事を書いています。
これも新しい文化、ではなく単なる脳の未成熟です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日は、受講者から母子手帳にかかわる話しを聞きました。

何歳で何ができるという発達の目安をみて、
そこから遅れるとイライラしてしまう。


何か月で首が座って、寝返りして・・・という発達の目安は
あくまで平均値ですが、そこからはずれるとイライラしてしまう
ということです。
「何か月の子どもは○○ができるべき。」というべきが
あるようです。

「這えば立て、這えば歩めの親心」ということわざがありますが、
このことわざには下の句があるのはご存知ですか。
「わが身に迫る老いも忘れて」
というのだそうです。

「うちの子は○か月なのに○○ができない。」
と思ったら
「這えば立て、這えば歩めの親心 わが身に迫る老いも忘れて」
と言ってみると魔法の呪文になるかもしれません。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最近の母子手帳は見たことがありますか。
赤ん坊の便がこんな色になったら病院に行くように
ということで便の色がカラーで載っています。
とっても実地で役に立ちます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

受講者の方からこんな質問をいただきました。

最近、母と娘の葛藤が話題になっている。
感情を伝えよとのことだが、例えば「お母さんは悲しい」と伝えるとそれによって、
娘が母親の意向に添った行動をしてしまうのではないか。


最近話題になっている母と娘の葛藤についてはこちらの本に詳しいです。







上の本はいずれも娘の立場からどうすればいいのかについて書かれています。
今回のご質問は、母親はどうすればいいのかということですから考えてみましょう。

「夜遅くなると心配だから早く帰ってきて欲しい。」
暗くなるまで遊んでいるお子さんにこんなことを言うのは問題なさそうですね。
でも、成人した娘さんが夜の8時に帰ってきてこんなことを言うのは問題かもしれません。
夜道が危ないようだったらタクシーで帰ってもらうようにするとか、
迎えに行くとか何か方法がありそうです。

先日、勉強に関するという記事を書きましたが、なぜ勉強しろというのか考えてみましょう。
「あなたの将来が不安。」
たいてい、親は「あなたの将来が不安。」といいますが、
実のところは
「○○ちゃんのお母さんに自慢されて悔しい。」
「あんな学校では恥ずかしい。」
ということだったりします。
そんなことは言うのはいくら何でもおかしいので
「あなたの将来が不安。」
という言葉で言い換えたりします。
本心は「悔しい」「恥ずかしい」ということであれば、
それはもう言わない方がいいです。
もちろん「あなたの将来が不安。」などど別のことを言ってもいけません。

要は、親の気持ちを言うのも時と場合によるということです。
自分が子供を支配してしまうのではないか、と心配な方はぜひ上で紹介した
本を読んでみて下さい。
基本的には娘の立場でどうすればいいかを書いた本ですが、
親がなぜそういう行動を取ってしまうかも書いてありますからご自身の
行動を見直すきっかけになると思います。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

練馬区上石神井小学校の講座にお呼びいただきました。
PTA主催で、お母さん方対象の講座です。
当初、30~40人程度ではないか、とのお話しでしたが、
50人の方のご参加をいただき、大盛況でした。

最初に校長先生から6秒のお話しがあり、
講座の後にも
「夫が6秒の話しを会社の研修で聞いてきた」
というお話しをしてくださった方もいらっしゃいました。
アンガーマネジメントの広がりを感じた日でした。

151029_1129-01 (350x164)

とても元気なお母さんたちで、話し始めると話が止まりません。
1人3分で「怒ったこと」を話してもらいましたが、
3分ではとても足りないようでした。
話している間もあちこちから笑い声が聞こえてきます
(人が怒っている話しは客観的に聞けるというか、
またはおかしいというかともかく勉強になるものです。)

151029_1318-01 (194x350)

最後に大きな花束をいただきました。
家じゅうがとてもいい香りです。

上石神井小学校の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

怒りを伝える際には、感情を伝えるようにという記事を書きました。
 パパだってホントしんどいんだわ。

ここで伝えるのは
「怒っている」
「イライラする」
などの怒りの感情ではなく、最初に感じた一次感情のことです。

何かがあった場合、最初に、心配、悔しい、悲しい、寂しいなどという感情を感じ、
次に怒りを感じます。
例えば、「子供の帰りが遅くて不安、それが怒りになる」
「上司に叱責されて悔しい、上司に対する怒りを覚えた」などという具合です。
最初に感じたものを一次感情、怒りを二次感情とよんでいます。

講座中では、一次感情を見つけるのが難しいという声を聞きます。
一次感情を見つける際の道具があります。


売っているときと売っていないときがあります。
結構、すぐに品切れになります。

表情カードというものです。
表情を描いたカードが45枚あります。
自分の気持ちをこの表情から探してみて下さい。
裏にその顔の感情を表す言葉が載っています。

大人が使ってもいいですし、お子さんにも使えます。
以前、子供さんが自分の感情を探せないという記事を書きましたが、
絵なら簡単に探すことができます。

怒ったときに感情を探すために使ってもいいですし、
・カードに書いてある顔をまねてみる、
その顔がどんな気持ちであるかあてっこしてみる、
・同じ種類の感情を並べて弱い感情から強い感情へ並べ替えてみる、
というようにゲームとして使ってもいいです。
カードを購入するといろいろな使い方が書いてあります。



カードだと使うときにわざわざ出さないといけませんが、
こちらはポスターです。
壁に貼っておいて、イライラした時にここから探してみる、
お子さんに探させてみるのもいいでしょう。


学校で使いたい場合には黒板に貼れるようにマグネットになっているものもあります。


学校で一人ひとりの手元に配る場合にはこちらのシートがいいでしょう。

ぜひ、使ってみて下さい。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ