イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

職場

日本アンガーマネジメント協会が全国の社会人の男女約 400 名を対象に実施した
「社会人の『怒り』に関するアンケート調査」についてご紹介します。

詳細は、結果本文を見ていただくとして、ここでは気になったことだけご紹介しましょう。

■第三者から聞くのは嫌、メールで叱られるのも嫌
「自分が怒られる時に使ってほしくない手段はなんですか」という問いに対し、
「第3者を通じ口頭で」が半数以上、「本人に直接Eメールで」が3割以上を
占めています。
第3者を通じると「本人が直接言えばいいのに。」「第3者にも言いふらしているのか。」
と思ってしまいそうです。
またEメールも叱る方が言いっぱなしになってしまいがちです。
Eメールは議論に適したツールではないので、受け取った方もそれに返事をしていると
言い訳しているようになってしまい、受け取りっぱなし、あるいは、
「ここは違うんだけど。」と思っても反論せず、不本意ながら
全面的に謝ることになってしまいます。

「第3者に注意させない」「メールは使わない」を意識するだけでも
関係性がよくなりそうです。

■言ってしまう言葉は「ちゃんとしろ!」
「ちゃんとしろ!」と言われてもやっている方はちゃんとしているわけで
ちゃんとしているの基準が上司と部下で違うのです。
ちゃんとしろではなく、
「メールは24時間以内に返信するように」
「始業時間は会社に到着する時間ではなく、仕事を始める時間なので、始業時間には仕事を始められるように始業時間10分前には会社に到着するように」
「電話は3コール以内に取るように」
と言わなくてはいけないわけです。
こんなことを口にするのは面倒くさい、と思うわけですが、このあたりの感覚は実に様々です。
講座でこのあたりの感覚を聞いてみるとびっくりします。
(アンガーマネジメントは一人でも学べますが、講座に参加することの良い点は
人の感覚を知ってびっくりしたり納得したり、自分の見方を見直すことができる
ことです。)

うっかりちゃんとなんていうと
「『ちゃんと』ってどうするんすかー」なんて返事が返ってきてますます
イライラしそうです。

次回から、伝わる言い方を書いていきましょう。

■講座のご案内■
3月、4月講座お申し込み受付中です。
4月保育付講座では、「伝わる言い方」を学びます。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

講座参加者から以下のご質問をいただきました。
「上司が年下であるが、ため口をきくのでイライラする。」

ここではニつの方向から解決方法を考えていきたいと思います。

まず、どのようなべきがあってイライラするのか考えてみましょう。
「年下の者は年長者には敬語を使うべき」
というべきがあるようです。

これを書き換えてみましょう。
書き換えは信じられてもられなくても構いません。
思いつくものを書き出していきましょう。
「上司なのでため口でもいい。」
「仕事であるので用が足りればいい。」
「上司は年下なのでなめられないように頑張っているのかもしれない。」
三番目の「なめられないように頑張っている」まで思いつくと少しはイライラが減少しませんか。

次に、ご自分の一次感情を探してみましょう。
「尊重してほしい」
「悲しい」
「悔しい」
「傷つく」
などがあるかと思います。

この方は、ご自分の第一次感情に気づきました。
また、ご自分のして欲しいことにも気づきました。
して欲しいことは「年下なので敬語とはいわなくても丁寧語で話してほしい。」
ということです。

ここまで問題がほぐれてくると「口のききようが間違っている」という漠然としたイライラから、だいぶ問題解決に近づいてきました。
この方は「上司に言ってみる」という解決方法を取ることになりました。

イライラは小さなことなのでそのままにしてしまいがちですが、たまには立ち止まってイライラを整理してみるといいかもしれません。

■講座のご案内■
12月講座、申し込み受付中です。アンガーマネジメント入門講座は一般
向け、保育付講座は子育て中の方対象です。
アンガーマネジメント入門講座のご案内
保育付講座のご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11月15日講座を開講しました。

「会社で愚痴を言ってくる人がいる。それを聞くことも会社の
問題点がわかって意味があると思うが、きいているとこちらが
イライラしてくる。どうすればいいか。」ということが話題になり
ました。

私も愚痴を言ってしまいますが、愚痴を言いやすい人と
言いづらい人がいいます。言いやすい人は「共感しながら聞いて
くれる人」。悪いなあと思いつつ、長々と話してしまいます。
逆に言いづらいのは問題解決をする人、「それはこうしましょう。」
と言われるとそこで愚痴は終わって生産的な話になります。

次に、「うちでも妻が会社の愚痴を言う。」という話がでました。
さて、ここでは問題解決してはいけません。女性は問題解決では
なく共感を求めます。家庭に会社のやり方を持ち込んではいけま
せん。

私も母の長話に「結論から先に話して。」と言って怒られています。

■講座のご案内■
11月のアンガーマネジメント体験クラス募集中です。体験クラスは
子育て中の方対象です。保育もついています。
保育付:アンガーマネジメント体験クラスのご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

講座参加者から以下の感想をいただきました。ご本人の許可を
得た上で掲載します。

この方は「親のためのアンガーマネジメント講座」を受講してくださった
のですが、アンガーマネジメントが仕事でも役に立っているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
感情のうらにある自分の「べき」を探す習慣がついた気がします。
具体的には、以下のような点です。
いま職場のなかで変革を積み重ねて組織の改善をしていこうとい
う活動をしているのですが、保守的な雰囲気で変革が受け入れら
れない、小さいルールを変えようにも承認を得なければならない、
関係者が多くて変革スピードが遅い、という状況に対して「なんか
モヤモヤするなあ」と感じていました。
以前は「まあ伝統もあり規模も大きい部署だから変革スピード遅
いのは当たり前か」という程度で割りきっていました。
でも、最近は「あれ、でもモヤモヤするってことは、私のなかのべき
では小回りのきく変化しやすい組織が理想的だと思っているのかな?
だったらどうすればいいだろう?」と踏み込んで自分の価値観とすり
あわせて考えるようになりました。
なんかモヤモヤする、なんか合ってない気がする、の自分の感情の
ベースになっている価値観を探るという試みはこれまでしていなかっ
たので今後も継続したいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

深い感想ですね。アンガーマネジメントで自分の価値観を探るように
なったようです。「(職場の現状と自分の価値観が違うので)だったら
どうすればいいんだろう?」とおっしゃっています。

怒りというのは悪いことだけではなく、変革のエネルギーともなるので
す。「ここはおかしいのではないか。変えていこう。」とかですね。この
方のように怒りを怒りとして表すのではなく、建設的なものにできるよう
になるといいですね。私もアンガーマネジメントでそのためのお手伝い
をしたいです。

■9月講座お申込み受付中■
ただいま、講座お申込み受付中です。今回は、オフィス悠々社会貢献
事業として無料で開催します。
講座のご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

働いている皆さんは、上司に恵まれないこともあるかもし
れません。
「指示がころころ変わる」
「理不尽に感情をぶつける」
「手柄を自分のものにする」
「上役と部下に対して態度が違う」
・・・・

怒りの感情が湧き上がってきたら、心の中で呪文を唱えて、
落ち着きましょう。この呪文には
「大丈夫」
「どうにかなる」
「落ち着いて」
などを使う人が多いようです。呪文を唱えて、衝動的に行動
するのを防ぎましょう。

アンガーマネジメントには怒らないように体質改善していく
方法と、対処療法として一時的に怒りを抑える方法があり
ます。呪文は対処療法の一つです。

さて、あるインストラクターは、呪文ではなく、「上司が
タコ踊りする場面を想像」して心を落ち着かせると言って
いました。

さあ、面白くなってきましね。次に上司が理不尽な行動を
するのが待ち遠しくなってきましたね。

くれぐれも笑わないように気を付けてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ