イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

2016年07月

私の友人から聞いた話でとても興味深いことがありました。
友人の許可を得たうえで、ここに掲載します。

友人はあることで怒っていたのですが、
「これは私のパンドラの箱なの。この話しは箱を開けて話し始めると大変なの。」
と言っていました。

このパンドラの箱のことを友人がある人に話したそうです。

すると
「くだらない怒りを忘れたいと思って箱に入れて思い出さないように蓋をしている
けど、それがかえって大事に取っておくことになっているの。
だから嫌になって投げ捨てようとするとバウンドして跳ね返ってきてしまう。
そうじゃなくて手のひらにそっと包んでテーブルの上においてみる、
みたいな感じにしておけばいいの。
人間は忘却できる生き物なの。
昨日食べた夕飯も覚えていないでしょ。」
と言われたそうです。

あなたは昨日の夕飯何を食べたか覚えていますか。

思い出し怒りというのは記憶を強化する作業なのです。
昨日の夕飯と同じように思い出さないでください。

思い出して怒っている人、人間というのは昨日の夕飯も覚えていないんですから
あなたを不愉快にするつまらない怒りは忘れてしまいましょう。

大事に大事に箱に入れておいて時折取り出して記憶を強化して、いるから
いつまでたっても忘れられないのです。

もし、怒りを思い出してしまったら、その怒りをごみだと思ってごみを捨てる
ことをイメージしてみてください。
その怒りがお腹にあるように感じたらトイレに流すイメージでもいいでしょう。

記憶も断捨離してみてください。

<思い出し怒りに関する過去記事>
▼思い出し怒りには
▼去年の年賀状に2円切手を貼ったものが届いたら
▼餅つきで手をつかれたことはありますか


■講座のご案内
【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス入門・応用講座お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
保育園の連絡帳に昨晩何を食べたか書かなくてはなりませんが、
毎朝苦戦しています。
夫にまかせると「ごはん、がんも」と書かれてしまいました。
ある日は「ごはん、にんじん」と書かれていました。
がんもやにんじんは材料であって、料理ですらないような気がします。

お子さんたちは夏休みに入りましたね。

子供がうちにいるので怒る回数が増えた。
子供の自由研究に頭が痛い。

こんな方は【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス
にご参加ください。

この講座は保護者クラスとお子様クラスに分かれて
アンガーマネジメントを学びます。

お子様クラスではアンガーマネジメントを学んで自由研究ができあがります。
保護者クラスでは怒らない子育てを目指します。

お子様クラスは伊浪里奈アンガーマネジメントキッズインストラクター、
保護者クラスは私、高田しのぶが担当します。

伊浪インストラクターは7月にも自由研究講座を開催しています。
講座の様子はこちらをご覧ください。

また、この講座の隠れた目的として皆さんのご主人や奥様の怒りを解消するというものがあります。
講座にいらっしゃる方の質問で多いものに
「夫(妻)に講座を受けさせたいのですがどうしたらいいですか。」
というものがあります。
今回、それを解決できます。
「子供を連れて、講座に行ってきてくれない。
自由研究もできあがるみたいだし。」
と言ってみてください。
「あなた怒りっぽいから講座に行ってみては。」
と言うより遙かに講座に参加させやすいでしょう。

さあ、以下に当てはまる人はお申込みボタンをポチッと押してみて下さい。
☑夏休み、子供がうちにいるので怒る回数が増えた。
☑子供の自由研究に頭が痛い
☑子供の寝顔に謝ったことがある。
☑子供の怒りをどうにかしたい。
☑ご主人や奥様の怒りをどうにかしたい。

■講座のご案内
【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス入門・応用講座受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

7月14日の託児付アンガーマネジメント体験クラス、横浜や川崎から
はるばるお越しいただきました。
西武新宿線に乗るのは初めてです、という方も。

受講者の一人、岩倉瞳さんがブログ記事を書いてくださいました。
ご本人の許可を得ましたのでご紹介します。

アンガーマネジメントの体験会へ

記事の中で「未来を(大抵は悪い方に)想像して
怒りが湧き上がってくるのです。」という一文が印象に残りました。

未来を悪い方に想像すると怒りだけでなく不安も湧き上がってきます。
そして想像した悪いことはたいてい怒りません。

私は小さい頃、餅つきを見ていて、餅をつく人と返す人の息が合わないと
手をつかれてしまうので大変だと思っていましたが、
未だそんな目にはあったことはありません。

そもそも餅つきで餅を返したことすらありません。

将来のことをあれこれ想像して怒ったり不安になったりすることは無駄というものです。

それでは、ご感想の掲載を許可していただいた他の方のご感想もご紹介しましょう。

知っているか知らないかで大きな違いがあると感じる。


1人で怒っている時の孤独感が和らいだ。


様々なことを聞きましたが処理が追い付かないので、
帰って振り返りつつ、少しずつ血肉にして、参ります。


最近少し気づき始めてはいましたが、怒りの原因を知ることはとても大事なことだと思いました。
深呼吸をしても治まらない怒りをどう抑えればよいか悩んでおりましたので勉強になりました。
ありがとうございました。


他の参加者の方たちのエピソードを聞くのは楽しかったです。


なんで怒ってしまうか、どうしたらよいのかという問題の糸口が見えてきたような気がします。
自分自身についても向き合えそうに思います。
ありがとうございます。


自分の中の思い込みを客観的に認識する機会となりました。
反省・・・。


心の中にためてモヤモヤしているだけでなく出すのが大事かなと感じました。
書きだしたり分類したり、落ち着かせる方法を学べたりとても有意義な時間でした。


ここでは笑って話せた怒りも家の中でいざ直面するとどうなるか・・・。
持ち帰って、失敗しながらも繰り返しやってみたいと思います。



■講座のご案内
【親子で自由研究】アンガーマネジメント体験クラス入門講座受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

2歳の子がぐずります。
2歳の子にアンガーマネジメントを教えるのは可能ですか。


魔の2歳児を持つお母さんからの質問です。
2歳児に「6秒待て」とか「べき」を探せ、とか言っても無理ですので
その意味ではアンガーマネジメントは教えられません。

そうは言っても親の感情表現は真似しますから
親がアンガーマネジメントを学ぶことは有効です。

さて、ぐずっているお子さんのことはくすぐってみましょう。

そりゃ、くすぐれば笑うだろうよ、
でもそんなことでいいの、と思うあなたのために説明しましょう。

ぐずっているという状態は自律神経のバランスが悪くなった時に起こります。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
緊張したり頑張ったりしているときは交感神経が、
ゆったりするときは副交感神経が働いていますが、
ぐずっているときは交感神経の方が強くなっているのです。
そこでくすぐって、副交感神経を優位にさせ、ぐずりを解消させるのです。

いっぽんばーし、こーちょこちょ。

■講座のご案内
保育付講座入門講座受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

□■□■□■□■□□■□■□■□■
ほんまかいな、とおもっている方、
本日の参考文献はこちらです。

↑このページのトップヘ