イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

2014年10月

講座参加者からご質問をいただきました。

この方は、どうしても合わない人がいるそうですが、あとしばらくは合わない人
と接していく必要があるそうです。関係改善の気持ちも失せてしまったとのこと
です。「もっと私が心が広くなれるまで、イライラに対して、優先順位が低いもの
に関しては、対応を先送りにするでも良いのでしょうか。」

はい、対応を先送りにしてください、なんでもかんでも対応はできないです。とり
あえず対処療法を考えましょう。
「ふんふんと返事はするが、話しは聞き流す。」
「いつも衝突する場面があるならばその場面は避けるようにする。」
「行動する時間を変えるなど接しなくていいような工夫を考える。」
「挨拶だけはにこやかにする。」

あるいは、もしかして「関係のある人とは仲良くすべき」というべきがあるのかも
しれません。この場合はべきを書き換えてみましょう。
「すべての人と仲良くするのは無理。」
「世の中には気の合わない人もいる。」
「たとえ親でも気が合わないことはある。」
「一度知り合ってもすべての人と長く付き合えるわけではない。」
「合わない場所を経験したおかげで自分に合う場所がわかるようになった。」

いかがでしょう。楽になりましたか。

■10、11月講座のご案内■
何か課題があるのならば講座に出て解決してみましょう。
10、11月講座のご案内







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は、劇的に変わった方をご紹介しましたが、講座を受けたけれど相変わらず
イライラしているという人もいます。それはそうです。新しい習慣はすぐには身に付
きません。

自動車の車線変更を考えてみましょう。ハンドルを少し動かさないといつまでたっ
ても同じ車線を走ったままです。でも、少し動かしてみてください。ほんの少しだけで、
しばらく後には隣の車線にいるのです。

講座を受けて、相変わらずイライラしているという方、 今は、ハンドルを少しだけ動
かした時期、そう思ってください。

■10、11月講座のご案内■
ハンドルを少しだけ動かしてみませんか。
10、11月講座のご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

9月講座の参加者から後日、感想のメールをいただきました。長文ですが、
感激したので、ご了承を得た上で、全文をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・
参加前は、とにかくヒステリックにストレスをわめき散らす毎日で、頭ではダメなことだと解っているのに止められず、子供たちに申し訳ない気持ちでいっぱいで、それがまたストレスになるという悪循環でした。

なんで、私は子供達に愛情を持てないのだろう。。と真剣に育児相談や児童相談所に相談しようと思っていました。。

そんな時、保育園で講座のチラシをもらって、イライラを管理できるようになれたら今の状況を変えられるかもと思い参加しました。

講座は、参加者同士で話したりしなければいけなかったので、とても緊張しましたが、自分の許容範囲を客観的に考える話や、イライラする事、それは変えられる事なのかどうかを書き出してみて、他の方と自分の考えとの違いに驚きました。

他の方は、概ね、自分以外の誰かに対してイライラされていて、それは変えられないから自分で何らかの対処法を身につけたいと考えていらっしゃいました。

それに比べて、私もイライラするのは大概子供に対してなのに、でも、子供に手を焼いているのは、私の対応の仕方に原因があるはずで、子供達は何も悪くないから、私の対応が変われば、子供たちの態度も変わり、このイライラは解消されると確信を持っていたのです。

そこで気づいたのが、今までは子供たちにイライラしているんだと思っていたことが、実際は、子供たちに対して上手に対応できてない自分にイライラしていたんだという事でした。何故なら、私は自分の子供たちに対して「他の子は~なのに。。」という、他の子と比べてどうこうという風には全く考えてなかったからです。

極端な話、子供が箸が使えなかろうが、文字の読み書きができなかろうが、そんなの成長と共に努力次第でどうにかなることもあるし、どうしてもだめなら、できることで補えばいいことだと思っています。
箸が使えなくても、スプーンやフォークが使えれば大体のところで食事はできるし、文字の読み書きができなくても、おしゃべりできればコミュニケーションは取れるのだからと。人に迷惑をかけたり、ルールを守らなかったりなどがなければ、出来ることがあってもなくても、どうにかすることはできるだろうと思っています。
この子達なら何とかできると、この子達はダメな子じゃない、と少しも疑ってなかったのです。

そう気付いた時、私はこの子たちがどんな子でも良い、どんな子でも大丈夫と思えるくらいこの子達のことが大好きだったんだと確信が持てたのです。

頭ではダメだと思っていることが止められない自分は、子供に愛情が持てていないのだと思っていて、遊ぶにしても、怒るにしても、何をするにも自信が持てなかったのですが、たったそれだけのことに気付いただけで、突然自信が湧いてきて、自分でも不思議なくらいヒステリックにわめき散らすことがなくなりました。
何もなくても「大好き」とか「可愛い」とか思った時に素直に笑顔で伝えられるようになり、それで喜ぶ子供達の笑顔に私も嬉しくなって、本当の意味で自分の対応を変えていこうと思えました。
目に見えてイライラの数も減ってきたし、イライラ時の対応が前よりは上手になってきた気がします。

常々、親バカになれる人って凄いなと思っていましたが、これからは親バカになれる気がします(笑)

この講座に出会えて本当に助かりました。
私たち家族の心が救われたと本当に感謝しています。
・・・・・・・・・・・

過分のお褒めの言葉をいただき恐縮です。こんなに褒められることはないので
とてもうれしいです。この方、たった1時間会った他人のことをこんなに褒められる
のですからお子さんもこの調子で褒めてみてはいかがでしょうか。

この方がおっしゃっているように怒るときは「誰か」「何か」があるから怒っているの
ではなく、怒りは自分の物の見方、考え方から生じるのです。それに気づいただけ
でこんなに変わるのですね。

私は、先日から「すべての親にアンガーマネジメントが必要ではないか。」と考えていまし
た。このご感想をいただき、すべての親にアンガーマネジメントを届けよう、と決意しました。
ご感想ありがとうございました。

■10、11月講座のご案内■
あなたも親バカになってみませんか。すべての親に
アンガーマネジメントを。まずはあなたから。
10、11月講座のご案内
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ