イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

2014年09月

本日、9月27日講座開催しました。

本日は、一人の人がお話すると「うちもそう!」という声があがって共感を
呼んだり、また、「へーそういうふうに考える人もいるんだ。」という感想も
でたり、参加者それぞれ同じようにイライラしていることがわかったり、
こんな人もいるんだという自分の考え方の幅を広げることができたりで、
有意義な回でした。

講座の中では時間がなくお話できなかったのですが、やはり、前回の講座
と同様、自身の一次感情を伝えるとうまくいくのではないかなと思ったお話
もありました。

9月講座は、どの回も皆さん、よくお話しになれたのではないかと
思います。話すだけで「自分は小さいことでイライラしていた」
「皆同じようなことで怒っている」「自分は少し厳しすぎたかも」
という気づきがあります。講座の中で何か一つ気づきを持ち帰って
もらえればと思います。

参加者の皆さん、保育者の皆さんありがとうございました。
また、9月講座、開講にあたりまして後援してくださった西東京市、
チラシを置いていただきました団体にお礼申し上げます。

以下の団体にチラシをおいていただきました。ありがとうございます。
(順不同)
サムエル保育園 田無北原保育園
きたしば保育園 柳橋保育園
アスクたなし保育園 Nicot田無
サムエル保育園分園 グローバルキッズ柳沢園
ビーフェアひばりが丘南口保育園
アスクひばりヶ丘保育園 谷戸のびのび保育園
谷戸すくすく保育園 こみね幼稚園
田無向ヶ丘幼稚園 武蔵野大学付属幼稚園
明成幼稚園 谷戸幼稚園
たんぽぽ幼児クラブ さいとう小児科内科クリニック
市内児童館 ぴっころ広場 のどか広場
ルピナス


■10、11月講座のご案内■
10月から90分のアンガーマネジメント入門講座を始めます。
どうぞご参加ください。
10、11月講座のご案内

9月20日講座の話をもう一つ。なんとアンガーマネジメントバンドをつけて
いる方がいらっしゃいました。
R0014994 (200x150)
これは手首にバンドをつけておいて、怒りを不適切な方法で表現しそうに
なったときに、みてアンガーマネジメントを思い出し、不適切な方法で表現
しないようにする、というものです。
R0014997 (200x150)
私のつけているものは日本アンガーマネジメント協会のもので協会の理念
「怒りの連鎖を断ち切ろう」が書いてあります(非売品)。

わざわざ買う必要はありません。お家にあるものを何でもつけてみてください。

そして、怒りを不適切な方法で表現してしまったら、反対の手に付け替えて
ください。そうすると、今回はどれだけ持ったかというのがわかります。最初
のうちは、日に何回も付け替えていたのが、1日持つようになり、3日持つよう
になります。3日持っても次は、また1日で付け替えてしまうかもしれません。
でも大丈夫です。だんだん伸びていきます。

新しい習慣が身に付くには3週間かかるといわれています。3週間バンドが
同じ方の手についていることを目指して、やってみませんか。

■9月講座のご案内■
9月27日講座受付中です。残席4です。無料で受けられる最後の機会です
のでお申し込みはお早めに。
9月講座のご案内
■10、11月講座のご案内■
10月から90分のアンガーマネジメント入門講座を始めます。
どうぞご参加ください。
10、11月講座のご案内

9月20日講座開催しました。参加者の方のお話が含蓄の深いもので
それにつられて私も予定外にいろいろなことを話してしまいました。

参加者から「情けなくて怒ってしまう。」というお話がありました。そう、怒りの
底には、別の気持ちがあるのです。

本当の気持ちは
情けない  悲しい 悔しい 不安
痛い 寂しい 心配 疲れた 辛い
などであると思います。これらの最初に感じる気持ちを一次感情、怒り
のように後から湧いてくる気持ちを二次感情と呼んでいます。

相手に気持ちを伝える時は、二次感情ではなく、一次感情を「あなたが○○
だから。」ではなく「私はこう思う。」と私を主語にして伝えましょうという
お話をしました。

伝え方についての関連記事もお読みください。
ランドセルを置いてから遊びに行ってほしい
4歳児にも私メッセージ
NGワードはなんで

他、大声をあげてしまうようなことをしないように6秒のお話をしました。
6秒待つ

R0014984 (200x150)

(参加者同士話合いをしているところです。)

参加者の皆さん、保育者の方ありがとうございました。

■9月講座のご案内■
9月27日講座受付中です。残席少なくなってきました。無料で
受けられる最後の機会ですのでお申し込みはお早めに。
9月講座のご案内
■10、11月講座のご案内■
10月から90分のアンガーマネジメント入門講座を始めます。
どうぞご参加ください。
10、11月講座のご案内

9月18日講座開催しました。

盛り上がったところで終了してしまい、2時間くらい時間が欲しかった
という声もいただきまして、終了してからも皆で話し込んでしまった
回でした。
 
また、初の男性のご参加もありました。アンガーマネジメントの講座は、
私が参加したものは男女半々かやや男性が多かったのですが、オフィス
悠々の講座では、幼稚園、保育園にチラシをおかせていただいている
せいか女性のご参加ばかりだったのです。男性も歓迎ですのでどうぞ
おいでください。

講座では、お片付けの話しが多くでたように感じます。以前の参加者の
お片付けの記事もお読みください。
片付けられない
片付けられない(2):その後の変化をお知らせいただきました
今回、参加者の皆様、そして保育者の皆様ありがとうございました。

■9月講座のご案内■
9月20日、27日講座受付中です。残席少なくなってきました。申し込み
はお早めに。
講座のご案内

面白い雑誌の記事を見つけたので紹介します。

   「私たちは、『○○してはダメ』とよく言います。しかしそれでは子どもは、どうすれば
   いいのかわかりません。叱るときは、今後どうすればいいのかをきちんと伝える
   ことが大事です。そのためには、『○○しようね』というのが効果的です。『廊下を
   走ってはいけない』ではなく、『廊下は歩こう』というのです。」
   出典:
   「明橋先生の子育てパパ・ママに贈る子どもとの関わり方ワンポイントアドバイス:
   第5回子どもに伝わる叱り方」
   真生会富山病院心療内科 明橋大二
   『ぜんほきょう』2014年9月号
   (この雑誌は全国保育協議会会報です。市販はしていません。)

大人は言えばわかると思いがちで「○○してはダメ」と言い、結果、子どもが
言うことを聞かず言ってもわからない、ということになりがちですが、こういう
ふうにいえばいいんですね。以前の講座参加者もおもちゃの片付けの
ときに「おもちゃはここにおやすみなさいしてあげよう」とひとつづつ誘導する
とおっしゃってましたがこれと同じですね。

こういう記事を読んでいつも思うのですが、私たちは叱り方や怒り方の技術は
全く学んでいないということです。技術を身に付ければ生きるのが楽になると
しみじみ思います。

■9月講座のご案内■
怒りを管理する技術を学びましょう。9月講座受付中です。
残席少なくなってきました。申し込みはお早めに。
講座のご案内



↑このページのトップヘ