イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

2014年07月

講座受講者から以下の感想をいただきました。ご本人の許可を得たうえで掲載します
(今までのブログでも感想や質問をご紹介してきていますが、すべてご本人の許可を
得ています。)

この方は、息子さんが、学校の帰り、家に帰る前に遊びに行ってしまうということで
イライラしていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(講座)受講後、すぐに夏休みに入ってしまい、一番のイライラの原因だった、長男が
行き先も言わずに遊びに行く、どこへ行ったのかわからないということがなくなりました。
毎日宿題を見たり、どこかへ連れて行ったりしていますが、普通の平日ほどはイライラ
しないことに気づきました。毎朝決まった時間に学校に送り出さなければならないとか、
宿題をさせなければとか、忘れ物をしないようにとか、そういう「~ねばならない」が原因
で、イライラが増えているのかなあと思います。新学期が始まったら、教えて頂いた方法
で怒りを沈めたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご感想を読んでいて、二つのことを思い浮かべました。一つは、自分の気持ちを私を
主語にして伝えるということです。「私はあなたのことを心配しているから一度家に帰っ
てから遊びに行って欲しい。」と伝えてみることです。私メッセージで自分の気持ちを
伝えることは驚くほど効果があります(先日のブログをご覧ください。4歳児にも私メッセージ。)

もう一つはどうやったら現実的な解決方法を考えられるだろうかということです。詳しい事情
がわからないので思いつくままに書いてみると
・お友達の家に遊びに行くのではなく、自分の家に遊びに来てもらうようにする。
・遊びに行くお家の方に、家に帰ってから遊びに来るように注意してもらう。
・いつも遊びに行く家のお友達と親御さんで話し合う。お友達の家で遊ぶときの決まり事を確
認する。
・お友達の家が、自分の家とは反対の方角にあり、家に帰ってから遊びに行くのは大変なの
であれば、自転車で遊びに行くようにする。
・家に帰らず遊びに行くということがクラスの中で普通のことになっているのであれば、先生
とも相談して対応策を考える。
・言っても直らないなら、当面の安全を確保するためにGPS機能付きの携帯電話を持たせる。

物事にはすべて理由がありますから「なぜそうしているのか」の理由を解きほぐすといいのかな
と思います。




子供が宿題をしない、宿題は提出するべき、という「べき」があるが
これはどうやって書き換えればいいのか、という質問をいただき
ました。

べきは自分で信じられなくてもいいのです。とりあえず書いてみま
しょう。
・子供は元気であればいい。
・宿題はできないことがあってもいい。
・今は宿題よりも優先することがあるかもしれない。
・自分で失敗した方が、気づくことがある。
・宿題を親が言ってさせることよりも、自分で気づいてすることに意義
がある。

さて、どうでしょうか。「べき」を書き換えるとだらしなくなるのではない
のか、と思いがちですが、書き出してみてどうでしょう。必ずしもだらし
ない書き換えばかりではないですね。

信じられなくても書いてみる訓練をしてみると、意外といい書き換えに
出会うかもしれませんよ。

先日のいいこと探しの記事を書いていて思い出したことがありました。

ある一流大学の先生の話しを聞いていたときのことです。「うちの学生
に自己紹介をさせると否定形が多い。『私はテニスができません。』
『私は恋人がいません。』『私はフランス語ができません。』・・・・・。」

「私はフランス語ができません。」なんていう自己紹介は私は聞いたこと
がありませんが、客観的には一流の学力を持っていても自尊心が低い
のですね。

自分は自尊心が低い(ので相手の言いなりになってしまってイライラ
する)と思っている方はぜひ「いいこと探し」をやってみてください。子ども
は自分で「いいこと探し」をできませんからぜひ大人がいいことを見つけて
伝えてあげてください。

7月に3回講座を開きました。その際の感想を今日は書いてみます。

講座の最初に自己紹介をしてもらいましたがその自己紹介がどなた
も「私は○○でいつも怒っていて、・・・。」というものになってしまいました。
聞いていてもあまり記憶に残らないし、何より、暗めの始まりになって
しまいますので、次回から自己紹介をどうやってやってもらうか考え中
です。

「お子さんのいいところを3つ紹介してください。」でもいいのですが、
最初にやると、その後、自分の怒りについて話し合っていくのが
弱くなってしまうかなという気もしています。「いいところ紹介」は最後
にやった方が講座の流れとしてはいいですね。

息子の通う保育園の保護者会の自己紹介では、毎回、「マイブーム
についてお話してください。」と「好きな食べ物は何ですか。」とかテー
マがあるのですが、前回のテーマは「お子さんのかわいいところ」でし
た。このテーマに、「ないんですけど。」とか「うーん、難しい。」と言っ
た人が少なからずおり驚きました。そんなにないものなのでしょうか。
ちなみに4歳児クラスでした。

さて、このいいこと探しはアンガーマネジメントの技術でもあります。
お子さんに怒ってしまうという人は「子供のいいところ」を、自分にイライラ
してしまうという人は「自分がうまくできたこと」を50個書いてみてください。
50個というのは、結構多いので、小さなことまで書かないと足りなくなります。
どんな小さなことでもいいので書いてみてください。今日は、大きな声で
挨拶ができたとかでもいいです。

これは自信をつける訓練です。こんなにいろんなことができている、自分
(子供)は思っているよりもうまくやれていると認識するものです。

ひとりではなかなか難しいかもしれませんね。そういう人は講座に来てく
ださい(少し、宣伝じみた終わり方になってしましました。)。


7月17日講座開催しました。参加者同士、たくさんお話ができた回でした。

参加者から「自分が小さい人間に思えた。」という感想をいただきました。「自
分が怒っていたことは大したことではない。」「自分のべきの枠は少し広くして
もいいかもしれない。」という気づきがあったということですね(物事は何でもポ
ジティブに言い換えましょう。)。たった1時間の講座ですから何か一つ気づき
を持って帰っていただけるといいなと思います。

7月講座ではいろいろな方にお世話になりました。保育を引き受けてくださった
さきえさん、ありがとうございます。多くの参加者はさきえさんがいなければ
講座に参加できませんでした。

チラシは以下のところにおいていただきました。ありがとうございます。
(順不同)
つくし幼稚園
ひばりヶ丘幼稚園
宝珠院幼稚園
武蔵野大学付属幼稚園
谷戸幼稚園
幼稚園どんぐりころころ
たんぽぽ幼児教室
中山耳鼻咽喉科
保谷北町かなざわファミリークリニック
さいとう小児科内科クリニック
わかば薬局
ファミリー歯科
谷戸二丁目歯科
アカヌケ舎クリーニング(西東京市谷戸3-11-6、バス通り沿いのお店です)
保谷で親子英語教室
ルーマニア料理教室
こもれびホール
市民会館

8月の講座はお休みです。9月にまた講座を開きます。9月講座のお知らせが
欲しい方はofficeyuyu3☆gmail.com(☆を@に変えてください。)にメー
ルをください。お知らせメールをお送ります。お返事のメールが届かないことの
ないように、 @gmail.comからのメールが届くように設定をお願いします。

↑このページのトップヘ