東京メディコム主催の「医療関係者のためのアンガーマネジメント」を
開催しました。

当日は、医師、看護師、薬剤師、医療事務の方がいらっしゃいました。

「忙しくなるとイライラする」
「患者が薬を飲まない」
「前の医院からの紹介状がいい加減で患者に怒った」
という3つの事例を紐解いていきました。
ちなみに3番目の事例は、私が実際に患者として怒られたものです。
「こんな紹介状じゃ何にもわからないんだよ。
ちょっといい加減すぎるよ。」と言われました。
(患者に怒っても私が書いたわけでもなし、不安になるだけだから
やめましょうね。)

今回とても満足度が高く参加者全員から「役に立った」との
ご回答をいただきました。

医療職ではありますが、立場が違う人が集まったことで、
互いの立場を知ることができ、とても有意義な会であったと思います。
最後に本ブログを紹介したところ、さっそくその場で検索が始まりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】イライラの消しゴムを手に入れよう、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
先日ご紹介した田辺有理子(2016)『イライラとうまく付き合う介護職になる!
アンガーマネジメントのすすめ』題名は介護職ですが、医療職の方にもお役に
経ちます。ぜひお読みください。