埼玉県大里深谷養護教員研修会でアンガーマネジメント講座を開催しました。
子どもの怒りに対応する方法が知りたい、というご要望でした。

駅まで車で迎えに来ていただきましたが、
「担当者が『今回はすごいですよ』と言っていたので期待しています。」
と車中で言われアンガーマネジメントへの期待の大きさを感じました。

担当者が熱心な方で、事前に参加者から質問を取っていただき、
それに沿った形で事例を解決していく、という形の講座となりました。
こちらで作ったきれいにまとまった事例、ではなく、
「誰それ君がああ言ってこう言って・・・。」
という実際の事例なので、いろいろな問題があるけどどこから手をつけて
いけばいいんだろう、この子は確かに大変そうだ、という実感を持って
研修に取り組んでいただけました。
(今後、研修を企画する方はこの方法はお勧めです。
可能であれば是非検討してみて下さい。)

また、質問を読ませていただいて、
小中学校の先生方の熱心さに頭が下がる思いでした。

掲載の許可をいただいたご感想のうち一部を紹介しましょう。

以前の学校で何で怒っているのかを聞いていると
振り返って話しを聞いているうちにまた怒り出す子がいて
正直どこでスイッチが入って怒り出すのか怖かったのですが、
思い返してみると聞きながら「急に怒ると怖いからなるべく怒らないで
話してね。」と言っていたのを思い出しました。
改めて先生に質問させていただいて
あの時の対応の仕方は間違っていなかったのだな、と
ホッとしました。


他人に怒りを向けられた時の対応です。
私がアンガーマネジメントを学ぶきっかけの一つが、
学生に怒りをぶつけられて疲れてしまったという経験だったので、
今回お役に立ててとてもうれしいです。
こちらの記事も参考にしてください。
▼他人に怒りを向けられたら

怒っている中での「一次感情を見つけること」「自分の中で悪いところ」
を見つけるのは、とても難しかったです。
怒っている子供に「自分の悪かったところはどこ?」と聞いても、
答えられないことは当たり前だなと感じました。

自分の怒りを題材にし、相手の怒りをたくさん出してもらって、
その後自分の悪いところも少しだけあげてみる、
ということをやってみました。
傍から見れば、怒っている本人の悪いところはよくわかりますが、
「あんたのここが悪いよ。」と言っても火に油を注ぐだけ。
相手の悪いところをたくさん出していけば、自分の悪いところも
ほんのちょっとは見つかります。

本日はありがとうございました。
先生のお話しがどうしてもおききしたかったのでとても充実した
時間をいただきました。
ありがとうございました。
目の前が暗かったのですが、いろいろな方法があることを知りました。
「表情カード」活用させていただきます。
「伝えたいこと」が「伝えられない」子供たちの現状が見えた気がします。
学校に帰って担任にも伝えます。
ありがとうございました。
目の前が開けてきました。


怒りの底にどんな感情があるか探そう、
子どもに「どう思った。」と聞いても
「ムカつく」「うざい」しか出てこないので表情カードを使ってみよう
という話しをしたところ、
「ああー」という声が漏れました。
さすが養護教員の皆さん、表情カードはほとんどの方がご存じだったようです。
アンガーマネジメントでもぜひ活用してください。
こちらの記事もご参考にしてください。
▼表情カードで感情を探れ
▼ムカつく

大里深谷の皆さま、ありがとうございました。

■講座のご案内■
入門講座お申込みはこちら
保育付講座お申込みはこちら
応用講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
おみやげにいただいたふっかちゃんクッキーと葱みそせん。
ふっかちゃんはゆるキャラグランプリで2位、
葱みそせんは全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞だそうです。
R0015946