先日、こんな記事をみかけました。

ある会社で、育児中の女性が働きやすくなるようにしているという記事です。
担当者は「子供の熱で突然休むのは仕方ない。
しかし、平日に予防接種のため休むのはやめてほしい。
予防接種は土日にできるのだから土日にするように。」
ということでした。

この担当者は
「自分や家族の病気で休むのは仕方ないが、それ以外は休むべきでない。」
という「べき」を持っているわけです。
このような「べき」、自分で持っている分には構いませんが、人に言ってしまうと問題です。
なぜならば法律に反しているからです。

法律では、有給休暇は理由が何であれ取っていいことになっています。
自分や家族の病気でも、
銀行での手続きでも、
予防接種でも、
旅行でも、
のど自慢でも取ることができるのです。

さらに言うと理由を告げる必要すらありません。
「何月何日有給休暇を取ります。」だけで取得できるのです。
ただし、会社には時季変更権というものがありますから、
忙しい時季には有給休暇を与えないことはできます。

先日の10年以上持っている本です、でもお伝えしましたが、ご自身の権利を知っていると、
「自分はそうしたくないんだけど自分が間違っているのだろうか」
と思ってイライラ、もやもやすることはなくなります。
まさに「知は力なり」です。

さて、
「自分や家族の病気で休むのは仕方ないが、それ以外は休むべきでない。」 
「自分は仕事が終わらなければ、サービス残業をしている。
部下もサービス残業をするべき。」
というような「べき」、法律違反であるばかりでなく、そもそもあまり生産的ではありません。

「皆が有給休暇を取れるようにするにはどうしたらいいだろう。」
「残業を減らすにはどうしたらいいだろう。」
と考えるのが生産的であり、皆が幸せになる道です。

皆さんも不幸につながる「べき」を持っていないか見直してみて下さい。

■講座のご案内■
6月講座お申し込み受付中です。
保育付講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。