日本アンガーマネジメント協会が全国の社会人の男女約 400 名を対象に実施した
「社会人の『怒り』に関するアンケート調査」についてご紹介します。

詳細は、結果本文を見ていただくとして、ここでは気になったことだけご紹介しましょう。

■第三者から聞くのは嫌、メールで叱られるのも嫌
「自分が怒られる時に使ってほしくない手段はなんですか」という問いに対し、
「第3者を通じ口頭で」が半数以上、「本人に直接Eメールで」が3割以上を
占めています。
第3者を通じると「本人が直接言えばいいのに。」「第3者にも言いふらしているのか。」
と思ってしまいそうです。
またEメールも叱る方が言いっぱなしになってしまいがちです。
Eメールは議論に適したツールではないので、受け取った方もそれに返事をしていると
言い訳しているようになってしまい、受け取りっぱなし、あるいは、
「ここは違うんだけど。」と思っても反論せず、不本意ながら
全面的に謝ることになってしまいます。

「第3者に注意させない」「メールは使わない」を意識するだけでも
関係性がよくなりそうです。

■言ってしまう言葉は「ちゃんとしろ!」
「ちゃんとしろ!」と言われてもやっている方はちゃんとしているわけで
ちゃんとしているの基準が上司と部下で違うのです。
ちゃんとしろではなく、
「メールは24時間以内に返信するように」
「始業時間は会社に到着する時間ではなく、仕事を始める時間なので、始業時間には仕事を始められるように始業時間10分前には会社に到着するように」
「電話は3コール以内に取るように」
と言わなくてはいけないわけです。
こんなことを口にするのは面倒くさい、と思うわけですが、このあたりの感覚は実に様々です。
講座でこのあたりの感覚を聞いてみるとびっくりします。
(アンガーマネジメントは一人でも学べますが、講座に参加することの良い点は
人の感覚を知ってびっくりしたり納得したり、自分の見方を見直すことができる
ことです。)

うっかりちゃんとなんていうと
「『ちゃんと』ってどうするんすかー」なんて返事が返ってきてますます
イライラしそうです。

次回から、伝わる言い方を書いていきましょう。

■講座のご案内■
3月、4月講座お申し込み受付中です。
4月保育付講座では、「伝わる言い方」を学びます。
保育付講座お申込みはこちら
教員向け講座お申込みはこちら
入門講座お申込みはこちら

■出張講座■
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。