子供が宿題をしない、宿題は提出するべき、という「べき」があるが
これはどうやって書き換えればいいのか、という質問をいただき
ました。

べきは自分で信じられなくてもいいのです。とりあえず書いてみま
しょう。
・子供は元気であればいい。
・宿題はできないことがあってもいい。
・今は宿題よりも優先することがあるかもしれない。
・自分で失敗した方が、気づくことがある。
・宿題を親が言ってさせることよりも、自分で気づいてすることに意義
がある。

さて、どうでしょうか。「べき」を書き換えるとだらしなくなるのではない
のか、と思いがちですが、書き出してみてどうでしょう。必ずしもだらし
ない書き換えばかりではないですね。

信じられなくても書いてみる訓練をしてみると、意外といい書き換えに
出会うかもしれませんよ。