私は、ここ1年くらい、苦痛に思っていたことがありました。

4歳になる息子が朝、なかなか起きず、「まだ眠い、お母さん、
お母さん。」と布団の中から私を呼び、私は、朝、しばらく添い寝
をしたりなだめすかしたりしなければならなかったのです。
保育園でお昼寝をするから夜なかなか眠くならず、朝も起きられ
ないのかと思い、保育園の先生に、お昼寝の時間を短くして
もらえないかと頼んだこともありました。

ある夕方、私は息子に言ってみました。「あなたは毎朝、まだ眠い、
まだ眠いっていうけど、お母さん、それは苦痛なの。明日から言わ
ないでくれるかな。」

するとどうでしょう。なんと次の朝、ぱちっと目を覚まし、すたすた
と布団からでてきたのです。そしてそれは、その後毎日続いて
います。

さて、この1年、私が苦痛に思っていたことがこんなに簡単に解決
したのはなぜでしょう。それは「私」を主語にして、気持ちを伝え
たからだと思います。
それまでの私は、「保育園に遅れるから」「もう朝だから」などと言って
起していましたが、眠い眠いと言われるのがとても苦痛だということは
伝えていませんでした。「私は眠いと言われるのが苦痛だ」と自分の
気持ちを伝えたら、その気持ちは伝わったのです。

皆さんも「私」を主語にして自分の「気持ち」を伝えてみてください。