怒ったときについ使ってしまう「なんで」。この言葉を使うと、
返ってくる言葉は「だって」に決まっています。

「だって」といわれるとまた腹が立つわけですが、「だって」
が返ってこない方法を教えましょう。それは「なんで」を使わない
ことです。そのかわりに「どうやったら」を使ってみましょう。

「なんでおもちゃを片付けられないの。」の代わりに「どうやったら
おもちゃを片付けられるかな。」。

お子さんのおもちゃ箱は「もしかしたら片付けづらい形」なのかも
しれません。「今はテレビを見たいので後で片付ける」のかも
しれません。「どうやったら」を使うと、言い訳ではなく、前向きな
解決策を探していけると思いませんか。

さて、ここで一つ気づいた人もいるかもしれません。
A:「なんでおもちゃを片付けられないの。」「だって、今はテレビを
見るから後で片付けようと思ったんだもん。」

B:「どうやったらおもちゃを片付けられるかな。」「今はテレビを
見るから後で片付けるね。」

AとB、どちらも話の内容は同じです。でも、Bの方が、お互いに
腹は立たないと思いませんか。Aの方は、怒られて言い訳、
口答え。Bの方は、前向きな話し合いになっていると思いませんか。

同じ内容の話をするなら、腹が立たない方がいいいですよね。

「どうやったら」、使ってみてください。