イライラの消しゴム

ブログは引っ越しました。https://www.office-yuyu.com/

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

この度は、ご依頼をご検討いただきましてありがとうございます。
お蔭さまで各地の講座はどこも定員を超える方にご参加いただきありがたく思っております。
この文章は、自治体職員向けではなく、一般市民向けの講座をお考えになっている
自治体の方にお願いしたいことをまとめたものです。

私は、各地の講座のご参加者とお話していて感じることがあります。
それは「広報を読む余裕のある方」「学習する習慣のある方」が講座に参加しているのでは
ないかということです。
この方たちはおそらく経済的にも余裕があるのではないかと思います。

私は行政の役割は市場の失敗に対処する、
すなわち民間事業者ではサービスを届けられないところにサービスを提供することだと
思います。

自治体の皆様にお願いがあります。
オフィス悠々にご依頼をいただく場合、経済的・社会的弱者に講座が届く工夫をしていただけ
ませんでしょうか。
例えば、今までは母子家庭の方を対象としたとか、手話通訳をつけていただいた等があります。
また、DV防止など民間事業者ではなかなか企画が難しく、自治体ならではというものもありました。
明確な弱者に対象を絞った講座でなくともよいのですが、何か一つ、
経済的・社会的弱者に講座が届く工夫をしていただけたらと思います。

私は経済的余裕のある方からはしっかり料金をいただき、利益をあげ、
税金を払っていきたいと思います。
自治体での講座ではなるべく多くの弱者にアンガーマネジメントを届けたいと思います。
「日々の生活に追われ、本など買えない。」
「学校卒業以来、本など読んだことがない。」
自治体の講座ではこのような人に会えたら最高だと思います。

このようなことは既に自治体の皆様は日々努力していらっしゃることと思います。
また、ご依頼を受けながらこちらからの注文で恐縮です。
このような志にご賛同いただける自治体の皆様とご一緒にお仕事をしたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

応用講座ではどのようなことを学びますかというご質問をいただきました。
応用講座ではこんなことを学びます。

■こんなことを学びます■
知る、変える、やってみるという三つの順を追っていきます。

1 知ろう
 「会社のアイツのせいで」
 「夫が○○だから」
 「妻が・・・と言ったから」
 「子供が××で・・・」
 あなたは何に怒っていますか。
 まずは何に怒っているかを知ってください。
 参加者同士で話してみましょう。
 話すだけでストレスが解消しますし、
 解決方法も見つかります。

 これは「怒っている人の話を聴く」訓練にもなっています。
 「お客さんの理不尽な怒りをどうするか」
 と思っている人にもお勧めです。

2 見方を変えよう
 「あの人のせいで私が怒っている」と私たちは思っています。
 本当ですか。
 同じ出来事であっても怒る人も怒らない人もいます。
 ご自身のものの見方を変えてみましょう。
 でも、どうやって?
 お1人ではなかなか変えることができません。
 でも仲間と一緒なら大丈夫。
 へえー、こんな考え方もあるんだ。
 明日からイライラが減ります。

 ここが応用講座の一番のポイントです。
 入門講座では「べき」を見つけただけ、
 それだけでも収穫ですが、今度はそれを変えていきます。
 あの人が悪い、私が悪いとは思えない、という方、
 目から鱗を落とす体験をしてみてください。

3 やってみよう
 考え方が変わったけど今までと違うことは恥ずかしい。 
 思わず今までと同じ反応をしてしまう。
 今までとちょっと違ったことをする、
 憧れの人の演技をするということをやってみます。
 1人ではなかなかできませんよね。
 皆の前で思い切ってやってみましょう。

この他に、3週間での目標管理の仕方、評価の仕方も学びます。
3週間後には、生まれ変わったあなたが。

入門講座の2倍の時間なので、あなたの問題に即し、
「この場合にはこうすれば」
「これはこうも言える」
など、あなたの問題に即して解決していけます。

■興味があるけど高いですね■
何言っているんですか。12で割ってください。1か月たったの900円です。
それに一生ものの技術なのですからあなたの残りの人生で割ると1年数百円では
ないですか。
年数百円で怒りをコントロールできる。
買わない手はありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

入門講座はどんなことをするのですか、というご質問をいただきました。
入門講座ではこんなことを学びます。

■こんなことを学びます■
1 怒ったことを話してみよう
 この講座で一番人気のワーク、怒ったことを話してみよう。
 そんなことはいつもやっているよ、と思った方、
 話し方にも聴き方にもコツがあります。
 愚痴で終わらず問題解決につながる聴き方、話し方を学びます。

2 怒りのスイッチを探そう
 怒りのスイッチを探してみよう。
 そんなもの知っているよ。
 「夫が服を脱ぎっぱなしだから。」
 「子供が片付けをしないから。」
 違います。
 怒りのスイッチはあなたの中にあります。
 「毎日イライラしている私に『参考』というより『衝撃』を受けた感じです。」
 というのはある受講者からの言葉です。

3 行動を変えよう
 怒りのスイッチがわかったら行動を変えてみましょう。
 でもどうやって。
 講座に来てのお楽しみ。 

お1人でいらしても
ご友人といらしても
ご夫婦でいらしてもいいですね。

「夫に聞かせたい、妻に聞かせたい」
という方はこの講座をプレゼントとして贈ってください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ