イライラの消しゴム

オフィス悠々代表高田しのぶのブログです。
「ゆったりと健やかに」をイライラの消しゴム®で実現します。

ブログを引っ越しましたこちらをご覧ください。

練馬区男女共同参画センターえーるにて
アンガーマネジメント講座「イライラの消しゴム」を開催
しました。
こちらは昨年度に引き続き、2回目の開催です。
DSC_0092


この日は女性への暴力をなくすイベントを1日がかりで行っており、
その一環としてのアンガーマネジメント講座でした。

女性への暴力の件については過去にもいろいろ書きましたので、
今回は省略します。
過去記事をご覧ください。
▼お前が悪いんだ
▼なぜ男は暴力を選ぶのか

講座後の質問でとても印象深いものがありました。

「私は40年前のことを今でも思い出して怒っています。
どうすればいいでしょう。」

40年前というと石油ショックとかそんな時代ですか、と
思わず私は言ってしまい、顔をしかめられてしまいましたが、
それくらい前のことです。

私「そのことは変えられますか。」
質問者「変えられません。」
私「そのことを言って相手に謝ってもらうことはできますか。」
質問者「できません。」
私「そのことを思い続けて何かいいことがありますか。」
質問者「あります。人のせいにしていれば自分が変わらなくて済むのです。」

!!!

私からも思い出し怒りに対するいくつかの方法をお伝えしましたが
これを聞いていたセンター長からのお話がとても印象的でした。
「午前中の講座でもちょうどそういう話がでてきていました。
それを聞いたカウンセラーの方は、『そういうことがあったのは事実。
それでそこにとどまるのか、自分の人生なんだからと思って
忘れていくのか。あなたの人生なんだからあなたが決めて下さい。』
とおっしゃっていました。」

本当にそうですねえ。
しみじみといい話でした。

ご感想をご紹介します。

「ちょこちょこ先生のユーモアが入る講義だったので、眠くなく学べました。」

「軽い気持ちで参加したが参加して良かったと思う。
職場、家族と一緒に受講しても良い。
自分自身の振り返りになった。」
→そうなのです。家族で参加してほしいなあと思って、
 3月は家族で参加できる講座を作りました。
 せひことらにご参加ください。

「日々の子育てで子供に対して怒ることで自分のストレスイライラを解消
しようとしていました。
~すべきと大人の目線で見ていたので子供の目線で見るように心がけたいです。」

「男が暴力的な奴が多いのは事実だが、パワハラばかりだと本当に
仕事をするのが辛くなってくる。」
→正直に書いていただきました。
 男性は感情を見せてはいけないと言われていて、唯一、許されているのが
 怒りという感情ではないかと思います。
 このことについては後日、書いていきたいと思います。

「怒りをマネジメントする方法を学べたのでやってみたいと思いました。
とてもいい消しゴムをいただいた気がします。」

練馬区の皆さん、ありがとうございました。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】イライラの消しゴムを手に入れよう、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
こちらの講座も手話通訳がついていました。
民間事業者の届けれらないところに講座を届けて
いただきましてありがとうございます。

今日は「ピーナッツバタートーストを朝食に!」に非加入届を提出した
茨城豆子さんに来ていただきまして対談することにしました。

今までの記事
ピーナッツバタートーストを朝食に!
豆子さん、非加入届を提出する

オフィス悠々:
こんにちは。豆子さん、「ピーナッツバタートーストを朝食に!」
に非加入届を提出した理由ですが、理由は、以前の記事にも書いてあるように任意加入
であるのに入会届もないこと、仕事を強制的に押し付けること、ということ
でいいでしょうか。

茨城豆子:
はい、「ピーナッツバタートーストを朝食に!」は法律上任意加入ですね。
学校って意外と治外法権なところがあって、学校外で行えば傷害罪、暴行罪に
なるようなことが体罰とかいじめとか別の名前になって適切な罰が与えられないこ
とがあります。 「ピーナッツバタートーストを朝食に!」は学校とは関係ない団
体ですが、学校を使って児童も相手にする学校と密接な関わりを持った団体
です。 まず、法律はきちんと守って欲しい、学校は治外法権であるという意識
があるととても大変なことになるというのが第一です。 第二に嫌がる人に役員
を押し付けること。こんなことをしていたのでは子供のいじめはなくなりません。
これはどうしても我慢できません。

オフィス悠々:
お子さんが集団登校に入れなかったりはしませんか。

茨城豆子:
まず、「ピーナッツバタートーストを朝食に!」が学校で活動できるのは、
全児童のために活動している団体であるからです。
会員子弟のための団体であれば、校内での活動は許されません。
仲良しの友達同士の誕生会と同じです。
それから集団登校は学校が責任を持って行うものです。
これは文部科学省が通達を出しています。「ピーナッツバタートーストを
朝食に!」に入っていようがいまいが関係ありません。
もし、そのようなことがあれば教育委員会に話しを持っていけばいいでしょう。

オフィス悠々:
自分だけ旗振り当番をしなくてずるい、と言い出す人もいそうですが。

茨城豆子:
私は「ピーナッツバタートーストを朝食に!」の会員ではありませんが、
旗振り当番くらいやってもいいです。でもできない人もいるし、
できる人がやればいい、その程度のことですよね。
一年生の親は心配だから通学路に出てくるし、
もし本当に親が付き添わなければ危ないんだったら
スクールバスを出すとか本格的に対策しなければならない話になります
よね。
要はあってもなくてもいいようなものなんですから、時間もあるし、近所の
子供の顔でも覚えておこうかと思えばやればいいというただそれだけの
ことです。
ずるいとか何とか意味不明です。

オフィス悠々:
ほかに何か嫌なことはありますか。

茨城豆子:
他には、保護者の会といいつつ、父親が頭数に入っていないのも嫌なのよね。

オフィス悠々:
そうですね。父親が頭数に入っていたらいろいろな行事や会合は当然
土日のはずですね。
ところで豆子さんはいろいろご意見があるようなのでいっそ、この会の会長になって
改革したらいかがでしょう。

茨城豆子:
あいにくうちの朝食はご飯に納豆なの。
いえね、時間も気力もないの。
たぶん、みんなそうだから、誰かが作ったこんな会がいつまでもあるんでしょうね。
皆で非加入届を提出して衰えさせるのがいいと思うわよ。

オフィス悠々:
保護者の親睦や親が学校に関わることは必要な気もしますが。

茨城豆子:
せっかく同じクラスなんだから保護者同士お茶でも飲みましょうっていうことは
あってもいいですよね。
でもそんなの保護者会の後にでも声を掛ければいい話で、大掛かりな会は
いりません。
学校との関わりも学校が何か手伝って欲しければ保護者に呼びかければいい
わけでこれもこの会がなくてもなんとでもなります。

オフィス悠々:
「ピーナッツバタートーストを朝食に!」南京豆栽培だけではなく、
学校の窓ふきなんかもしているようですが、これについてはどう思いますか。

茨城豆子:
学校は村が管理主体なのですから村役場が予算を組めばいいのでは。
それを子供への愛情とか言って無償労働をあてにされても困るのよね。
私は愛情の搾取に反対します。

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
某所で「アンガーマネジメントは小市民のための学びだね。
怒りは変革のエネルギーにもなるのだよ。」と言われました。
アンガーマネジメントは怒りが変革のエネルギーになるのは
否定していません。
(2月4日追記)
#PTAやめたの私だ
最近こんなハッシュタグが流行っているようなのでつけてみました。

子供の小学校入学に伴い、「ピーナッツバタートーストを朝食に!」という
団体と遭遇した茨城豆子さんのお話です。

子供が「ピーナッツバタートーストを朝食に!」の会からの手紙を持ってきました。
役員選出のお知らせとのことです。

・役員を決めます。お好きな役員に立候補ください。
立候補者がない場合はくじ引きで決めます。
・事情のある人は免除するので事情をお書きください。

「立候補がなければくじ引きで決めますって、誰もやりたくないなら解散したら
いいのに、この団体。
義務教育は無償なんだから必要なことはすべて公費で賄っているはずよ、
ピーナッツバターなんて趣味の問題でしかないわ。」

「事情のある人って、うちの朝食はご飯に納豆って書けばいいのかしら。
違うわよねきっと。
事情のある人は免除するので事情をお書きくださいってずいぶん横柄ね。
事情があろうとなかろうと興味がないということは考えないのかしら。
事情なんていちいち知らせる必要もないわ、この人たち守秘義務もないんだし、
入会届もないんだからそもそも私会員ではないんだし。」

「嫌だと言っている人にくじで仕事を押し当てて、それが嫌なら事情を書けって、
こんなことやっているようでは子供のいじめはなくならないわ。
子供にこんなことやっていいとは言えないわ。
もう耐えられない。」

どうにもこうにも良心が痛んでならない豆子さん、非加入届を提出することにしました。

「最近は便利ね。PTA非加入届で検索すればいろいろ出てくるわ。」

PTAじゃなくて『ピーナッツバタートーストを朝食に!』じゃなかったかって。
ピーナッツバタートーストを朝食に!(Peanut butter Toast for Asagohan)、
略称はPTAなんですよ。

「一方的に手紙を寄こす割には連絡先も書いてないけど
南京村立南京小学校内『ピーナッツバタートーストを朝食に!』御中で届くでしょ。」

■講座のご案内
アンガーマネジメント入門・応用講座【託児付】アンガーマネジメント入門講座、お申し込み受付中です。
お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

■出張講座
皆さんの街に出張します。
お気軽にお問い合わせください。



↑人気ブログランキングに参加しています。役に立った、面白かったら押してください。


↑イライラの消しゴムをLINE読者登録する

オフィス悠々の本棚
http://astore.amazon.co.jp/officeyuyu30e-22
↑アンガーマネジメントに関する書籍はこちら。

□■□■□■□■□□■□■□■□■
豆子さんは「もう耐えられない」と表現していましたが、
アンガーマネジメントを学んでもどうしても残る不快感というものは
やっぱりあります。
そういうものはその人の良心にとってとっても大切なものなのですね。

↑このページのトップヘ